TOP > ネタ・話題 > もはや気候変動は「第三次世界大戦」レベルの危機と専門家、気候変動と戦う上で重要な「4つの武器」とは? - GIGAZINE

もはや気候変動は「第三次世界大戦」レベルの危機と専門家、気候変動と戦う上で重要な「4つの武器」とは? - GIGAZINE

25コメント 2020-07-11 18:04  GIGAZINE

2020年3月には、「気候変動の抑制には新型コロナウイルス感染症対策並みの国際協調が必要」との主張も唱えられており、気候変動は各国の協力を要する国際的な問題といえる状況です。そんな中、西オーストラリア...

ツイッターのコメント(25)

台風が数倍の威力になっても大したことはない

深層海流の変化と南極の氷河が溶けると都市と農地の大半が水没し
本当の気候変動が起こる

そうなれば今の人口を維持出来ない

もはや気候変動は「第三次世界大戦」レベル
「世界中の屋根を白く塗りつぶすと地球上から11年間すべての自動車が消えるのと同等の効果が得られる」
即効性が高くて現実的な方法で面白い
やはり植林が一番。地球の未来を見据えた政権に投票したい。
「最大限適切な気候変動対応をする政府に変える」ことですよ。


2020年07月11日
白い屋根と太陽光パネルだらけの風景になりそう。
-  建物の屋根を白くするなどして建築物の加熱を抑えることができれば、エアコンの使用量が減少し、温室効果ガスの排出量の削減にもつながります
今必要とされているのは、一定程度の不便を受け入れることです。
2:炭素無機化により二酸化炭素を岩に変える
3:地球の表面でもっと太陽光を反射する
4:輸送にかかる燃料を減らす
昨今のニュース見てるとほんと脅威だもんなぁ…
世界中の屋根を白く塗った場合には地球上から11年間すべての自動車が消えるのと同等の効果が得られる←こういうのはすぐにやればいいのに。
世界レベルの戦いが始まってる →
気候変動への取組は戦争だと思えば良いのかな?
資本主義だと人類の先延ばし癖は治らないから、別の意味で既存のイデオロギーとの新イデオロギーでの対立構造は起きると予想します。社会主義vs資本主義的な感じで、資本主義vs価値主義で。
ギガジン| もはや気候変動は「第三次世界大戦」レベルの危機と専門家、「」と戦う上で重要な「4つの武器」とは?
「より多く植林を行う」無理だろう… 炭を手に入れるために焼き払って禿げ山作る輩が後を絶たないから… 世界中の人が日本並に民度が高ければ良いけど
森林には葉で日光を遮って夏の暑さを和らげたり、冬に地表からの熱放射を防いで寒さを抑えたりして気候を穏やかにする機能がある
# ▼ サイエンス
西オーストラリア大:
米中が協力しなければ他の国がいくら頑張っても焼け石に水。
危機を煽るのは結構だが、煽る相手を考えて欲しい。
斬新なアイデア。
 ↓

2:炭素無機化により二酸化炭素を岩に変えて半永久的に保存する
3:世界中の屋根を白く塗り太陽光を反射する
4:再生可能エネルギーを動力源としない船舶に速度制限を課す
 ↓
気候変動と戦う上で重要な「4つの武器」とは?
ふふふ
出てきた物を使い切りたい
そんな想いから
どれだけ多くの素材資材が産まれたか

原油一つとっても
この効率化は1つの強固なベクトルかと
屋根白く塗っちゃいましょう。
2020年3月には、「気候変動の抑制には新型コロナウイルス感染症対策並みの国際協調が必要」との主張も唱えられており、気候変動は各国…

【出所:GIGAZINE 厳選】
なるほど
ほっときゃ人類滅亡の危機だわな。
もはや気候変動は「第三次世界大戦」レベルの危機と専門家、気候変動と戦う上で重要な「4つの武器」とは? - GIGAZINE
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR