TOP > ネタ・話題 > 新型コロナウイルスに酷似し3人を死亡させたウイルスを武漢ウイルス研究所が2013年に確認していた - GIGAZINE

新型コロナウイルスに酷似し3人を死亡させたウイルスを武漢ウイルス研究所が2013年に確認していた - GIGAZINE

20コメント 2020-07-07 11:40 | GIGAZINEキャッシュ

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に非常に似たウイルス株が2013年に中国で発見され、中国湖北省武漢市の武漢ウイルス研究所によって確認されていたことを、イギリスの日刊紙、サンデー・タイムズが報じました。...

ツイッターのコメント(20)

「イギリスの日刊紙、サンデー・タイムズが報じました」 |
あの株、ヒトにかかってたのかあ。たしかにいちばん近い株ではあった、別物だけど。

もしそのときに漏れていたら、そこからゆっくりパンデミックが始まっただろうから、
いまのSARS-CoV2はもっと多様性をもっていたはず。だからこいつが最初のヒト株ってことはない。
話変わるけどコロナを武漢ウィルスなり武漢肺炎言ったらなんで怒られるん
意図的に、ウイルスを撒いたのか?
ナチなんて問題にならないくらいの悪業だな!
この時にワクチン開発し始めれば良かったのに…
このウイルスが漏れた。
後ほど読みます、、、今、、
頭痛耳鳴りで、無理、!
存在を知っていて隠していたから、中共としては、武漢だとか中国からだとかというのは否定したいって話なのではなかろうか?
という仮説が立てられるんだよね
”2012年に雲南省にある銅鉱山の廃坑でコウモリのふんを除去していた作業員6人が深刻な肺炎にかかった”
研究していたのか?
武漢研究所で保管されており、すでに論文発表されているRaBtCoV/4991とRaGT-13、そしてCovid-19の類似性を疑う記事。これなら世界中で検証可能ですね。
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に非常に似たウイルス株が2013年に中国で発見され、中国湖北省武漢市の武漢ウイルス研究所によって確認されていた
あの辺り、元々強毒性のコロナウイルスがうじゃうじゃってことなんだろうね。
新型コロナウイルスに酷似し3人を死亡させたウイルスを武漢ウイルス研究所が2013年に確認していた「石氏らはこの研究に基づいて2016年に科学誌・Virologica Sinicaに「RaBtCoV/4991」という名前の新株を発見したと発表しています。ただし、論文の中で6人の作業員が病状を…
このニュースも気にはなるが、検証可能だろうか。
だろうな。
武漢研究所コロナ感染症って命名しよう。
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に非常に似たウイルス株が2013年に中国で発見され、中国湖北省武漢市の武漢ウイルス研究所によって確認されて…

【出所:GIGAZINE 厳選】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR