TOP > ネタ・話題 > 新型フォードF-150には「移動式溶接工場が32時間稼働できるほどの電力を供給できる発電機」が搭載される - GIGAZINE

新型フォードF-150には「移動式溶接工場が32時間稼働できるほどの電力を供給できる発電機」が搭載される - GIGAZINE

16コメント 2020-07-02 20:09 | GIGAZINEキャッシュ

2020年6月25日、自動車メーカーのフォードが販売するピックアップトラック「F-150」がフルモデルチェンジすることが発表されました。2020年秋に登場する予定の新型F-150では、従来の車を5倍以上も上回る強力な発電機が搭載され、複数の電動工具や冷蔵庫、スピーカーなどに電力を供給することができるとされています。...

ツイッターのコメント(16)

日本の地方自治体が調達すべき車両のような?。テスラをリースしてる場合ではない(笑)。
「「Pro Power Onboard」というガソリンを使った発電機システムを搭載」 |
次期型ラプターもハイブリッドになるとか(´Д`)
いいなー欲しいなー。
ラプターだともっと良いなーw

-
ピックアップトラックに発電機搭載というのは確実に需要があると思う▼
F-150ほしいぃ~

みんな工事用のクルマと勘違いしてるかもしれないけど、すでに全身アルミボディとかで600万くらいするからちょっとした高級車だからね❕
2.4KWの発電能力はスゴいわねぇ。
キャンピングカーだと普段は煩わしいが、必要な時だけキャンピングトレーラー接続。
それがはかどるソリューションね。
まぁF150自体がアメリカンサイズで日本に合わないのだが。
無線用にいかが。
これは良いな!
2020年6月25日、自動車メーカーのフォードが販売するピックアップトラック「F-150」がフルモデルチェンジすることが発表されました。202…

【出所:GIGAZINE 厳選】
低音厨歓喜?
PA用デジタルアンプなら楽々ドライブ出来る気がする。
職人の仕事車として最強なのでは電源取れないところでハンマードリル使ってアンカー打てるぞコレ!
やっぱピックアップトラックいいなー。
日本の駐車場が倍の広さなら絶対買うんだけど。
以上
 

いま話題のニュース

PR