TOP > ネタ・話題 > HuaweiとZTEがついに「国家安全保障上の脅威」に指定される - GIGAZINE

HuaweiとZTEがついに「国家安全保障上の脅威」に指定される - GIGAZINE

45コメント 2020-07-01 15:13 | GIGAZINEキャッシュ

アメリカは以前から、中国の大手通信機器メーカーであるHuaweiや大手スマートフォンメーカーのZTEを危険視しており、「情報通信上のリスクがある」と主張していました。2020年6月30日、ついにアメリカの連邦通信委員会(FCC)が正式にHuaweiとZTEを「国家安全保障上の脅威」に指定しました。...

ツイッターのコメント(45)

「2020年6月30日、ついにアメリカの連邦通信委員会(FCC)が正式に」 |
AEONで買ったスマホZTEだが。SIMは入れずにWi-Fi専用でほぼゲーム用😅
締め付ければ締め付けるほど、HUAWEIが力を付けていく気がするが、、、。

HUAWEIのアプリストア、どんどん成長してるよね。
なんと😱😱😱
それにつけても、いまだに華為(Huawei)のタブレット端末とかを嬉々としてレポートするASCIIとかの愚鈍さよ……
日本も追従しないと!
@hermita_akiba Nubia Technologyは、ZTE傘下の会社なんだよな
中華スマホは怖いねぇ。
カッケー❗すげえ🎵
(*ノ゚Д゚)八(*゚Д゚*)八(゚Д゚*)ノィェーィ!
これで華為とZTE系列の端末はOUTですね。
日本ではまだ普通に売っているのが怖い・・・
Huawei とZTEがついに「国家安全保障上の脅威」に指定される
/ いよいよGoogle Playから遠のいてきたな、、
わしのメインHuaweiとサブZTEが ('、3_ヽ)_
国家安全保障上の脅威に指定されたそうです
バックドア仕込めばそーなるわな
HUAWEIは特に前から言われてたね
もうこれから使わない
ZTEも指定食らってたかぁ〜
香港での動きもある程度は関係しているのかもしれません。
残念ながら、致し方無しですかね。
Gigazine: 連想は?普連は?中芯や京東方は?zoomは?
2020年6月30日、ついにアメリカの 連邦通信委員会(FCC)が正式にHuaweiとZTEを「 国家安全保障上の脅威」に指定しました。
さて日本はどうするのか。
🟥 Huaweiも同罪
FCCの アジット・パイ委員長は、「圧倒的に重い証拠に基づいた今日の命令により、FCCはHuaweiとZTEをアメリカの通信ネットワークと5G通信網の未来に対する国家安全保障上の脅威に指定しました
もうドコモやauからのHUAWEI製品は見られないかもしれませんね。。。
もうHuaweiなんてなかったんだ…
ファーウェイ買う奴はアホ

『アメリカは以前から、中国の大手通信機器メーカーであるHuaweiやZTEを危険視しており
2020年6月30日、アメリカの連邦通信委員会(FCC)が正式にHuaweiとZTEを「国家安全保障上の脅威」に指定しました。』
???
これで支持率とか上がる?
それともマヂで脅威あり?
HuaweiとZTEは更に日本をターゲットにする。STOP スパイ天国‼︎
中国メーカーの唯一にして最大の欠点は中国せあること
FCCの責任者がそれを言うのが重過ぎると思うんだけど…
これはHuawei終わったな。ライカレンズとカメラ性能が他のスマホを凌駕しているから好きだったのだけどな。Googleアプリが使えないのも痛い。日本市場では終わった。ヨーロッパでは生き残れるかな。


あらまぁ他国はどないするんやろうね
FCCは正式にHuaweiとZTEを「国家安全保障上の脅威」に指定した。通信事業者はFCCが管理するUniversal Service Fundの助成金を使ってHuaweiやZTEの通信機器を購入したりメンテナンスしたりできなくなる。
トランプ政権が終わったらHuawei端末にGoogle Playが戻ってきて費用対効果の高い通常のAndroid端末として使えると思ってたけど、そうでもないの?
2020年6月30日アメリカの連邦通信委員会(FCC)が正式にHuaweiとZTEを「国家安全保障上の脅威」に指定

中共と人民解放軍と密接な関わりが有り、諜報機関に協力することを義務づける中国の法律の対象
アメリカは以前から、中国の大手通信機器メーカーであるHuaweiや大手スマートフォンメーカーのZTEを危険視しており、「情報通信上のリスクがある」と主張していました。2020年6月30…

【出所:GIGAZINE 厳選】
中国との取引を全面禁止としてはどうか

もっと現実的な大統領はいないのか
やっぱりxiaomiは正義
とうとうファーウェイとZTEはFCC承認から除外か。
日本も早々に対応を。
以上
 

いま話題のニュース

PR