TOP > ネタ・話題 > Macユーザーをターゲットにしたランサムウェア「EvilQuest」が発見される、身代金支払後もターゲットを逃がさない凶悪さ - GIGAZINE

Macユーザーをターゲットにしたランサムウェア「EvilQuest」が発見される、身代金支払後もターゲットを逃がさない凶悪さ - GIGAZINE

15コメント 2020-07-01 14:08 | GIGAZINEキャッシュ

macOSがインストールされたMacを対象とした新しいマルウェア「EvilQuest」が2020年6月30日に発見されました。「EvilQuest」と呼ばれるこのマルウェアは、Macのデータを暗号化して復号キーと引き替えに金銭の支払いを要求するランサムウェアとしての機能だけでなく、入力を監視するキーロガーの機能なども備えているため、...

ツイッターのコメント(15)

表題引用
>


macの人、ご愁傷様。
前文脈「前者」として「事故知らず」で生きてきた分、対策スキルも培ってなくて苦労すると思うけど、その苦労が宝。加油
Macが対象なのは珍しいなぁ…だからこそ対策がなされていない所が多くて被害が多そうなのだが。
これはちょっとヤバいね。要注意!!
macユーザーは自分を含めてあまりランサムウェアは気にしていないかと思いますが、こういうのもありますね。
弊社もmacも使っていますが、オフラインバックアップは持っています。
今この仕組みを楽にしようと考えています。
"ランサムウェアとしての機能だけでなく、入力を監視するキーロガーの機能なども備えている"

身代金を払う端末は、さらに搾り取れるってことですかね
払った後も監視されるのか・・・。
"EvilQuestには「キーロガー機能」や、被害者から攻撃者への通信を確立するリバースシェルを介して「暗号通貨に関するデータを盗む機能」も"
公私ともにMacが身近に溢れておりとても気になるのですがMacの働きを妨げず適切に動作する保証のあるセキュリティソフトがなかなかないので困るのです
「Google Chromeのソフトウェアアップデートプログラムになりすました」
MacOSも楽じゃなくなったねえ。
macOSがインストールされたMacを対象とした新しいマルウェア「EvilQuest」が2020年6月30日に発見されました。「EvilQues…

【出所:GIGAZINE 厳選】
everquest に空目した
Mac・iOSユーザーは
ウイルスの心配をしなくていいはウソ。
ユーザー増えてくれば増えてくるほど
狙われる。しかもリテラシー低い人が多い。
以上
 

いま話題のニュース

PR