TOP > ネタ・話題 > 古代マヤ文明の都市が放棄されたのは「水が毒で汚染されたから」という可能性 - GIGAZINE

古代マヤ文明の都市が放棄されたのは「水が毒で汚染されたから」という可能性 - GIGAZINE

18コメント 2020-06-30 07:14 | GIGAZINEキャッシュ

メキシコのユカタン半島を中心とした地域で、紀元4世紀から9世紀ごろにかけて繁栄を極めたマヤ文明の遺跡から、水源としていた貯水池が毒物により汚染されていたことを示す証拠が見つかりました。これにより、マヤ文明の都市が崩壊した原因の一端が明らかになると期待されています。...

ツイッターのコメント(18)

都市放棄の一因としては考えさせらる理由だ…
考古学者ってすごい楽しそう
…赤色は原料に水銀が含まれてるし建物全部赤にする文化…スコールで風雨にさらされてたら色落ちして…しかも地下の泉だから溜まっていく…定期的に都市を破棄するしかない
ストーンウォーカーズのネタを増やすのはやめろぉ!
安定して流れる川でもあれば別だったのかもしれません。そういう意味でも運が悪かったんだろうなと。
この古代都市は9世紀頃に放棄されたといわれており、理由は諸説あったが、今回研究チームが貯水池が毒物に汚染されてた証拠を発見した為、崩壊した原因の一端が明らかになると期待されているらしい。

古代マヤ文明の都市の放棄 毒素や水銀で水源を汚染されたためか
古代マヤ文明の人達が定期的に移動してのは知ってたが
汚染された水が原因だったの?
「宗教的な決まり事で移動した」っての通説だったが。
「貯水池である「Palace」と「Temple」の堆積物から、有毒な化学物質を生み出す2種類のシアノバクテリア(藍藻類)のDNAが見つかりました」 |
ケツアルクアトルによって燃やされたほうが夢があるので信じない!
水源汚染はきついなぁ

>

>都市の中心部に位置する貯水池である「Palace」と「Temple」の堆積物から、有毒な化学物質を生み出す2種類のシアノバクテリア(藍藻類)のDNAが見つかりました。

GIGAZINE
大変興味深い説▶
古代マヤ文明の都市の放棄  毒素や水銀で水源を汚染されたためか
北海道やその他の水源地が外国人や海外資本に買われる危険性はここにある。
政府は外国人や海外資本の土地購入を禁止し、国内すべての水源地を国有化せよ!
メキシコのユカタン半島を中心とした地域で、紀元4世紀から9世紀ごろにかけて繁栄を極めたマヤ文明の遺跡から、水源としていた貯水池が毒物により汚染されていたこ…

【出所:GIGAZINE 厳選】
古代マヤ文明の都市が放棄されたのは「水が毒で汚染されたから」という可能性...
»
ドマ城
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR