TOP > ネタ・話題 > 「ストーンヘンジ」の付近で直径2kmもの円を描く巨大な遺構が発見される - GIGAZINE

「ストーンヘンジ」の付近で直径2kmもの円を描く巨大な遺構が発見される - GIGAZINE

13コメント 2020-06-24 17:04 | GIGAZINEキャッシュ

ストーンヘンジはイギリス南部に位置する円形に直立して並んだ巨石とそれを囲む土塁からなる先史時代の遺跡で、直立した巨石が並べられたのは紀元前2500年~紀元前2000年の間とみられています。そんなストーンヘンジの付近を調査した研究者らが、「直径2km以上の円を形成する巨大な柱の痕跡」を発見したと報告しました。...

ツイッターのコメント(13)

な、なんだってー!?
あれだよ、地下掘るとドラウグルの墓とか出てくるやつ(もうストーンヘンジがスカイリムにしか見えない)
コレは古代宇宙飛行士説の出番ですわ。
ムー的な話はいつも心が躍る。
←これだから古代ネタはwktkする
ストーンヘンジはイギリス南部に位置する円形に直立して並んだ巨石とそれを囲む土塁からなる先史時代の遺跡で、直立した巨石が並べられたのは紀元前2500年~紀元前2000…

【出所:GIGAZINE 厳選】
絶対スターゲイトだと思うんだけど。CERNみたいない装置??
紀元前2500年前のハドロン加速器か (違うよ
以上
 

いま話題のニュース

PR