TOP > ネタ・話題 > リモートワークではオフィスで勤務する時と違い「リアルタイムのコミュニケーションを放棄するべき」との指摘 - GIGAZINE

リモートワークではオフィスで勤務する時と違い「リアルタイムのコミュニケーションを放棄するべき」との指摘 - GIGAZINE

18コメント 2020-06-23 06:17 | GIGAZINEキャッシュ

新型コロナウイルスの流行によって多くの企業がリモートワークを導入しており、物理的に遠く離れた従業員らが円滑に勤務できるように、チャットツールやビデオ会議ソフトウェアを導入した企業も多いはず。ところが、ソフトウェア開発者のSnir David氏は、「リモートワークの作業環境はオフィス勤務と根本的に異なるため、コミュニケーションの方法を根本的に変えて『非同期...

ツイッターのコメント(18)

調べたり勉強する前に知ってる人にすぐ聞くのはやめよやと思うけど、それには勉強を自発的にできる力とか調べる力が必要やと思う

GIGAZINE:
slackで即レスがなかったらTELしてくるのをやめてほしい
そうですね /
日本の経営者連中はこの記事を読め。勤務時間を指定して常に監視する様に運用している日本のリモートワークはこの働き方のメリットをすべて潰している。
「コミュニケーションの方法を根本的に変えて『非同期的なコミュニケーション』を導入するべき」」 |
極めて正しい
当たり前だのクラビッツ。30年前から知ってた。ひともRTOSのよーに動けばよいだけ。同期ありきは、main関数にすべて処理を記すようなもの。
課題はリアルタイムのコミュニケーションが無くても仕事が進むような仕組みを作るなんだろうけど、なかなか難しい。ちょっと聞きたい、はあるからなぁ😂
わからん…
この非同期コミュニケーションってどこでやってる想定なんだ…
ZoomとかSlackあるからリモート勤務でもリアルタイムでコミュニケーション可能だと思っていたけど考えをあらためないといけないか
確かにそう言えるかもしれません。
リアルタイムのコミュニケーションを前提にするとリモートワークは難しくなる、という指摘。伝書鳩を飛ばすくらいの気持ちがいいのかも。
適応しないといけないということか
ずっとビデオ会議繋げっぱなしとか意味わかんないもんな。
新型コロナウイルスの流行によって多くの企業がリモートワークを導入しており、物理的に遠く離れた従業員らが円滑に勤務できるよう…

【出所:GIGAZINE 厳選】
“伝達したい情報を文章にして記述・保存する非同期的なコミュニケーション” →
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR