TOP > ネタ・話題 > Googleが「もう石油・ガス会社のためにはAIを提供しない」と宣言 - GIGAZINE

Googleが「もう石油・ガス会社のためにはAIを提供しない」と宣言 - GIGAZINE

33コメント 登録日時:2020-05-22 06:04 | GIGAZINEキャッシュ

Googleが「石油・ガス産業が化石燃料の掘削を効率化するために提供してきた人工知能(AI)や機械学習(ML)の構築は今後行わない」と発表したと、複数のメディアが報じています。...

ツイッターのコメント(33)

これすごい(KONAMI)
もう、石油 ガスの扱いはこんな感じ。石炭は言わずもがな。原発は、すでに忘れ去られつつある。記事も、あんま見ないもの。 ギガフォールが、すぐ目の前。再生エネ、フリエネの時代。 ガソリン自動車から、電気自動車へ。vwiのd3とか、かなり良さげ。
"かつてタバコに対する世間の意識が変わることで禁煙の機運が高まったことを踏まえると、Googleのささやかな意思表明にも重要な意義があります"
すげえな。政治思想に基づいて客を選別するとか。googleも一切信用できなくなったか。
GIGAZINE: Googleが「もう石油・ガス会社のためにはAIを提供しない」と宣言.
Google自身の成長のために石油、ガス業界は必要ない、と切り捨てただけ。売上の貢献度が低いのもあるが、企業ブランドとして従業員や国民の支持が必要です
"『2019年における石油・ガス業界からの収益はGoogle Cloudの総収益の1%未満でした』"
・各国の二酸化炭素排出規制の現状は?
・国によっては金融機関も火力発電に投資を行わないなど、環境破壊を助長しかねない、事業への金融的・技術的支援の打ち切りの事例は他にどのようなものがあるか?
自分達の意思をはっきり表明できるのはすごいことですよね。
「石油・ガス業界が化石燃料を掘削することを容易にするためのカスタムAI/MLアルゴリズムは構築しません」どのみちAutoMLに舵を切ってるんだから、もう請負でカスタムAIは作りませんって言っても変わらないと思う。
Googleがそこまで踏み込むのすごい。記事によるとAmazonやMicrosoftはまだ同様のことはしていないと。
Googleのカルチャーには比較的好感を持ってるけどこれは賛否難しい。ティールがテック企業の国を超える影響力に警鐘を鳴らしたのとも通じるが、一民間企業のイデオロギーが国の枠組を超えて発動してる。国でも企業でも強力な力の元に多様性はあるのか。
これで得するのが華龍原子炉売りたい中国にならないか心配。
ガスもだめなの?Google Meetは使ってもいいよね?
原油価格にも影響がありそうな、なさそうな
Googleが石油・ガス会社にはAIを提供しないと宣言。
ん〜なんか微妙な感じがするな
環境の為だけに手を引くとは思えないのは私だけ?
ESG投資ってのを意識したか。Googleが提供しなくなれば、競合が穴埋めするだけだと思うが/
いい決意表明だなと思います
他の企業も追随していってほしいものです / (GIGAZINE)
油田掘削のためじゃないんだよ。
儲かるためじゃないってこと。
いやもう自身が事業を止めたらどうなのよ?
Googleの商体質を象徴する話だなあ。Googleのサービスは、良さげだろうが品質が高かろうが、個人も法人も決して信用しちゃダメ。Googleの気分一つで即撤退、ユーザーは放り出されるっての。
値段の多寡ではなくて機能だと思うんだよな。まあ、グーグルからしたら値段が安めで切る口実を探してた可能性もあるが、日本人の感覚からするとこういう縁切りの仕方は驚きである
強い言葉や。
情報vs化石エネルギーの戦争が始まろうとしている…
IT系は資源がなくても動けるから環境意識高いイメージしますね
お?これは同業他社にとってはチャンスでは?
グーグルらしい思い切った方針。
売上を犠牲にしてでもRight things to doを実行する。こういうところが素晴らしいと思う。
うわぁ(´・ω・`)
以上

記事本文: Googleが「もう石油・ガス会社のためにはAIを提供しない」と宣言 - GIGAZINE

いま話題の記事