ビル・ゲイツが選ぶ「2020年夏に読むべき本5冊と読む価値がある本8冊」 - GIGAZINE

44コメント 2020-05-20 12:15 GIGAZINE

Microsoftの創業者であり読書家としても知られるビル・ゲイツ氏が、例年夏に向けてお決まりとなっている「この夏に読むべき本5冊」を発表しました。ゲイツ氏の挙げる本は興味深いものが多い一方、日本語版...

ツイッターのコメント(44)

ビルゲイツの今夏のお勧め本。
10月から読むかも。

感染症関係からノーベル経済学賞のアビジット・V・バナジー&エステル・デュフロ、そしてディズニーのロバート・アイガーまで。

エコノミストでアイガーの記事をしばらく読んでいたので、これが特に興味がある。
ボブアイガーの本と、スペイン風邪のはぜひ読んでみたい。
ゲイツ氏は「読み終えた後に考え込んだり話し合ったりしたくなる小説だ」と表現しています。

ビル・ゲイツが選ぶ「2020年夏に読むべき本5冊と読む価値がある本8冊に『クラウド・アトラス』がランクイン!
ビル・ゲイツの夏の課題図書。中には日本語化されているものもあるみたいだ。
めも、よむ
一段落したら読む。
いつ一段落するかは読めない。
いくつか買いました。
楽しみ。
「ディズニー10の原則」が興味あり。別本で「ディズニー7つの法則」は顧客満足度を最大化させるための施策が満載で、めちゃくちゃ為になりました。
 
PR
PR