TOP > ネタ・話題 > 新型コロナウイルスの治療法開発を自分のPCで手助けできる「Folding@home」が新たに低分子スクリーニングプロジェクトを開始 - GIGAZINE

新型コロナウイルスの治療法開発を自分のPCで手助けできる「Folding@home」が新たに低分子スクリーニングプロジェクトを開始 - GIGAZINE

13コメント 2020-04-01 10:41 | GIGAZINEキャッシュ

分散コンピューティングによってタンパク質の分子動力学シミュレーションを実行する「Folding@home」は、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のタンパク質構造を解析し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療法開発を推進するプロジェクトに取り組んでいます。そんなFolding@homeの...

ツイッターのコメント(13)

Folding@home、プレステ3の時も確か他のタンパク質解析ので少しだけやってたことあった。今回はパソコンでお手伝いできるかしら。

新型コロナウイルスの治療法開発を自分のPCで手助けできる「Folding@home」が新たに低分子スクリーニングプロジェクトを開始 - GIGAZINE
セッティングだけしてなにも入ってない新品PCを参加させてるよ めちゃ簡単に出来るからみんなも参加しょ。電気代は怖いが。

新型コロナウイルスの治療法開発を自分のPCで手助けできる「Folding@home」が新たに低分子スクリーニングプロジェクトを開始 - GIGAZINE
新型コロナウイルスの治療法開発を自分のPCで手助けできる「Folding@home」が新たに低分子スクリーニングプロジェクトを開始 - GIGAZINE

政府のしょうもない対策に期待するくらいなら持て余してるPCスペックをこれにみんなつぎ込んだ方がよっぽどいいよ
余ったPCのリソースをコロナ対策研究に提供できる悟空の元気玉みたいなやつに新たなプロジェクトだそうです。新型コロナウイルスのプロテアーゼなるものを阻害する化合物を数万の候補からシミュレーションして見つけ出す試みだとか。世界、救いたくありませんか?
@dryamadataroh 趣旨は少し違いますがこんなのあります
外から失礼しました
@7m1wyh ・・・必ずしも新型コロナ関連のWUが来るとは限らないけど、低分子スクリーニングが追加されたので、関連WUに当たり易くはなってるのかも。

> この手法は他の手法よりもコストがかかるという問題はあるものの、高い精度と物理的洞察を誇るという利点があるそうです。
皆も、目の前の機械を上手く使って生き延びてくださいよー!
ターゲットはプロテアーゼ阻害剤。

> 今回スタートした低分子スクリーニングプロジェクトでは、自由エネルギー摂動法(FEP法)と呼ばれる手法で

因みにプロテアーゼ阻害剤で検索すると、抗HIV薬剤の情報が上位に来る。
新型コロナウイルスの治療法開発を自分のPCで手助けできる「Folding@home」が新たに低分子スクリーニングプロジェクトを開始 これは自分にもできそうだ。
サマーウォーズで、みんなが自分のアカウント使って!ってやったの思い出しました。できることあるよ!

『新型コロナウイルスの治療法開発を自分のPCで手助けできる「Folding@home」が新たに低分子スクリーニングプロジェクトを開始』
分子動力学シミュレーションにCPUリソース貸したからといって、それが薬になって治療に使われるには何年もかかるし、もっと言うと薬にならない可能性のほうが高い。あまりに迂遠なのでは。。
新型コロナウイルスの治療法開発を自分のPCで手助けできる「Folding@home」が新たに低分子スクリーニングプロジェクトを開始 - GIGAZINE

お、新しいプロジェクト出たね
新型コロナウイルスの治療法開発を自分のPCで手助けできる「Folding@home」が新たに低分子スクリーニングプロジェクトを開始
以上
 

いま話題のニュース

PR