TOP > ネタ・話題 > YouTubeで「著作権侵害を解説したムービー」が著作権侵害の申し立てを受けてしまう - GIGAZINE

YouTubeで「著作権侵害を解説したムービー」が著作権侵害の申し立てを受けてしまう - GIGAZINE

15コメント 2020-03-05 12:35 | GIGAZINEキャッシュ

YouTubeに投稿された「専門家たちが著作権について解説したムービー」が著作権侵害の申し立てを受けたとして、ムービーを投稿したニューヨーク大学(NYU)ロースクールが、YouTubeにおける著作権侵害申し立ての問題についてを報告しています。...

ツイッターのコメント(15)

ミイラ取りがミイラになった事案
問題となったムービーは「マーヴィン・ゲイの「GOT TO GIVE IT UP」」
杓子定規は相変わらずの様子。こうやってネタにされるんですから、もうちょっと丁寧にすればいいのにと。
YouTubeで「専門家たちが著作権侵害を解説したムービー」が著作権侵害の申し立てを受けてしまう
こういうの好き
皮肉な光景だし… →
YouTubeは適当に仕事してんな
こっちがどんだけ苦労して動画作ってると思ってんだよ?
価値のある動画がいい加減な判断でドンドン削除されてく
変な動画は削除しないくせに
これ消された動画の配信がロースクールだから解除されただけで、1個人だったら解除されてたのかなぁ。権利者(と主張している)の言ったもん勝ちの風潮はどうも🤔
専門家が著作権について解説した動画、著作権侵害の申し立て受ける
異議申し立ては受理されてるわけだからYoutubeの確認機能が不完全であるとは言えないのでは?

GIGAZINE: YouTubeで「著作権侵害を解説したムービー」が著作権侵害の申し立てを受けてしまう.
YouTubeに投稿された「専門家たちが著作権について解説したムービー」が著作権侵害の申し立てを受けたとして、ムービーを投稿したニューヨーク大学(NYU)ロー…

【出所:GIGAZINE 厳選】
侵害自動検知システムはフェアユースを判定できない>
以上
 

いま話題のニュース

PR