TOP > ネタ・話題 > テスラ・モデルXのオートパイロット機能によって8人の命が救われる - GIGAZINE

テスラ・モデルXのオートパイロット機能によって8人の命が救われる - GIGAZINE

16コメント 登録日時:2020-02-19 11:03 | GIGAZINEキャッシュ

テスラが発売する自動運転対応の電気自動車(EV)であるモデルXのオートパイロット機能が「ドライバーを含む乗員8人の命を救った」と報じられています。...

ツイッターのコメント(16)

「大木が暴風によって突如目の前に倒れてきたとのこと。通常ならばブレーキが間に合わず、倒れた木に猛スピードで激突してしまうところだったのが、急ブレーキが自動的に発動。」 |
これはオートパイロットが功をそうした例。
Teslaのオートパイロットによって命を奪われたりしている人たちもいますが、命を救われた人たちもいるのですね。
そういえばTeslaの車の発火で燃えてしまった犠牲者もいたかしら?
珍しく自動運転のポジティブ記事
安全ってのは、それが守られてる間はなかなか気づくことが出来ないものだから、こうやって活躍が可視化されるのは喜ばしいことだろうね
めっちゃいい話と思いきや。。
最後土地の所有者がレンジローバースポーツをあげた!?
なんでmodelXじゃないの?
どうせだったらTeslamodelXP100Dでもあげなよ!
ちょっとまたこういうことあったら死んでしまうよ!すぐにレンジローバー売りな!
#拡散
#拡散希望
テスラ、欲しいなぁ
救われた方の記事は珍しい:
この話が記事になった



「倒れてくる木に対して時間内に反応することができなかったので、間違いなく押しつぶされてしまっていたでしょう。モデルXは間違いなく私たちの命を救ってくれました。」
もうこれテスラの株爆上がりじゃん
オチ > "モデルXはどちらも廃車になってしまったそうですが、倒れた大木が生えていた土地の所有者からレンジ・ローバー・スポーツを提供されたそうです。" /
オチの意外性
> なお、サンダーソン氏とホワイトロック氏のモデルXはどちらも廃車になってしまったそうですが、倒れた大木が生えていた土地の所有者からレンジ・ローバー・スポーツを提供されたそうです。
すげえなあ
自動ブレーキ機能もバカにしたものではないね
そこはレンジローバースポーツじゃないだろwww
以上

記事本文: テスラ・モデルXのオートパイロット機能によって8人の命が救われる - GIGAZINE

いま話題の記事