TOP > ネタ・話題 > 「金を払わなければGoogle広告の配信を停止させて収入源をなくしてやるぞ」と脅す恐喝手法が登場 - GIGAZINE

「金を払わなければGoogle広告の配信を停止させて収入源をなくしてやるぞ」と脅す恐喝手法が登場 - GIGAZINE

21コメント 登録日時:2020-02-18 13:32 | GIGAZINEキャッシュ

Googleの広告配信サービスであるGoogle AdSenseは、閲覧数やクリック数に応じて広告が貼られたウェブサイトに金銭が支払われる仕組みとなっており、多くのウェブサイト運営者にとって主要な収益源となっています。そんなGoogle AdSenseに目をつけて、「金を払わないとウェブサイトへの不正なアクセス攻撃を行ってGoogle AdSenseによる広告...

ツイッターのコメント(21)

>さらにGoogleは、「サイト運営者が妨害工作の被害者であると信じている場合、当社に連絡するためのフォームも設けられています」

嘘をつけ
お前らGoogleはサイト運営者の話を聞く耳なんて持ってないだろ
いままでどのくらい無慈悲にBANしてるとおもってんだ?
脅しだけでなく,ホントにbotアクセス攻撃されるらしい. |
恐喝メールを無視したら実際に攻撃を受けた。しかし、Googleは複数の妨害工作を防ぐための対策やメカニズムを講じているので大きく問題はないとのこと。
こんな攻撃もあるのか…
いわゆる「AdSense狩り」というやつでしょうか。

この場合は妨害をGoogleに報告する
フォームに連絡する必要がありますね。

いろいろな手口がありますねしかし...

【「金を払わなければGoogle広告の配信を停止させて収入源をなくしてやるぞ」と脅す恐喝手法が登場】
"
おぉ、なんて行いだ……。
その発想は無かったわ。
「不正なものだと思って情報を公開しましたが、Googleからの連絡でした」
とかね。
これアプリ界隈では、ずっと前からあったと思う。
Google AdSenseは、閲覧数やクリック数に応じて広告が貼られたウェブサイトに金銭が支払われる仕組みで、ウェブサイト運営者の収益源となっています

@daitojimari
何だかいろいろなことをやる人がいるものだなあとか。
こっわ……新時代のヤクザやん……。(´・ω・`)
攻撃者が無効なトラフィックを送信してパブリッシャーの強制措置を引き起こそうとする、典型的な脅威
一昔前ならできただろうけど今のGoogleじゃ分散IPからアタックしたところでアタック側を不正検知してアドセンスは剥がされないはず。

 ネットサヨクがようつべでやってる事やんw
Googleの広告配信サービスであるGoogle AdSenseは、閲覧数やクリック数に応じて広告が貼られたウェブサイトに金銭が支払われる仕組みとなってお…

【出所:GIGAZINE 厳選】
以上

記事本文: 「金を払わなければGoogle広告の配信を停止させて収入源をなくしてやるぞ」と脅す恐喝手法が登場 - GIGAZINE

いま話題の記事