水質汚染の原因になる「ビール廃棄物」で逆に水をきれいにするプロジェクト - GIGAZINE

11コメント 2020-02-14 06:21 GIGAZINE

クラフトビール造りが盛んに行われているアメリカでは、クラフトビール産業が下水に排出する廃水が深刻な問題になりつつあります。そんな中、ビール造りの副産物として発生する廃棄物が、逆に下水問題を解決する糸口...

ツイッターのコメント(11)

一方日本ではビールの副産物であるものでエビオス錠がつくられていた
»
ビールの製造過程で出る廃棄物、
海を汚す原因だったが、工夫した結果、海をきれいにするようになった

ビールと海が好きな私にはうれしいニュースです🍺
ご一読お願いいたします。

どのようにして速い食物連鎖を起こすか?なのです。

ミョウバンを入れていたのは、水に含まれる汚れを凝集して、微生物が棲みつきやすくするためです。
浄水施設の管理者であるDrue Newfield氏によると、微生物のエサとして使用したビール廃棄物は、処理過程で完全に消えてなくなってしまうとのこと。
「ビール醸造所の廃棄物が、水を浄化する微生物のエサになる」
読んだ🔍(👀))| - B!
ビール醸造所の廃棄物が、水を浄化する微生物のエサになる
廃棄物は過程の中で完全に消費される
これこそがプロ

>「表彰してもらうためにやったのではありません。『最高の仕事をやり遂げるにはなにをすればいいか?』を考えただけですよ」
以上
 
PR
PR