大量絶滅がすでに起こっていることがマルハナバチの研究から明らかに - GIGAZINE

14コメント 2020-02-07 12:37 GIGAZINE

ある時期に多種類の生物が同時に絶滅する大量絶滅が気候変動によって起こっていることが、マルハナバチの研究から示されました。また研究チームが開発したモデルにより、気温や降水量が許容範囲を超えると種の絶滅リ...

ツイッターのコメント(14)

〉Soroye氏によると、マルハナバチは気温の上昇が確認される場所で減少しているとのこと。場所によっては、人間の一世代によって約30%のマルハナバチが減少しておりーー
これから人間の仕事はAIがやってくれるから、余った人はマルハナバチの代わりに受粉するしかないな。
ミツバチ科の昆虫であるマルハナバチがヨーロッパや北アメリカで個体数を劇的に減少させていることを、オタワ大学の博士課程学生であるPeter Soroye氏らの研究チームが発表しました。
ミツバチ科の昆虫であるマルハナバチがヨーロッパや北アメリカで個体数を劇的に減少させていることを、オタワ大学の博士課程学生であるPeter Soroye氏らの研究チームが発表しました。Soroye氏によると、マルハナバチは気温の上昇が確認される場所で減少しているとのこと。↓
絶滅の原因は、気候変化の問題だけかな??
人類は終わりだ。
俺の国語力が悪いのかもしれないが絶滅が大量って日本語で言うのかな?
虫は人間にとってとても大切な存在。
蜂がいなくなると、
果物、や実になるものは出来なくなるのはもちろん、
植物自体の生存が難しくなる。
蜂がいなくなると生物も絶滅の危機に。
>マルハナバチはトマトやほうれん草、ベリーなどの受粉で大きな役割を果たします
ある時期に多種類の生物が同時に絶滅する大量絶滅が気候変動によって起こっていることが、マルハナバチの研究から示されました。また研究チームが開発したモデルにより、気…

【出所:GIGAZINE 厳選】
デスストランディングの始まりだ…
マンモスから始まって数万年。人新世は地層に残らないくらいの短期間で終わるのかな。
bmblbどうして…
以上
 
PR
PR