TOP > ネタ・話題 > 女性研究者の減少は「性差別」だけではないという主張 - GIGAZINE

女性研究者の減少は「性差別」だけではないという主張 - GIGAZINE

19コメント 登録日時:2020-01-22 08:27 | GIGAZINEキャッシュ

科学・技術・工学・数学(STEM)の分野において、女性研究者の減少が問題視されており、男女平等によってSTEM分野の女性研究者が減少するという調査結果も発表されています。なぜSTEM分野の女性研究者が減少の一途をたどっている原因について、自身も物理化学の女性研究者であるカレン・J・モレンツ氏が語っています。...

ツイッターのコメント(19)

「博士号を取得しているということは、性差別に限らず、圧倒的な困難に直面したとしても、非常に頑固な意思を持って切り抜けてきた人間であることを証明しています」
えっと。「どこ」から「どう」つっこめばいいのだろう、と頭を抱える文章。30代前半に「家庭と仕事の両立の板挟みで研究職を離脱」する女性と影響を受けない男性。→
“女性が研究職を辞める主な理由は性差別ではなく、統計でも『仕事と家庭の両立』が問題であることが示されています。“

記事読んでピンとこなかったんだけど、「性差別」の元単語は、セクハラ的なこと?
女性が研究者をやめる主な理由は「仕事と家庭の両立」。キャリアを維持しながら家庭を築きたい女性を支援する必要があるにも関わらず、この観点が無視されているという指摘。
女性研究者の減少は「性差別」だけではないという主張(GIGAZINE) "(出産リスクが上昇し始める)30代前半に約56%の女性がSTEM(理工系)分野の研究から大量に離職している"
「仕事と家庭の両立」ができない原因は結局性差別なのも分からないの?
難しいもんやな
「キャリアを維持しながら家庭を築きたい女性をどう適切に支援するか」
元記事はこれ  育児によるドロップアウトの影響の大きさを調べるなら、コホート分析しないとわからない気がする。
結局日本以外でも家庭との両立なんやな(´・ω・`)
わが国ではどうだろう🤔

GIGAZINE:
仕事と家庭の両立ができないといういつものアレでした
性差別の問題は、少なくとも大学院レベルでは、STEM分野における女性にとって最大の障害ではなくなりました。

性差別の問題は、少なくとも大学院レベルでは、STEM分野における女性にとって最大の障害ではなくなりました。
これ表現がトリッキーだな…直接的な性差別によるものではないけれど、構造的な問題で格差が出てくる…というのはうん十年前から差別の形として意識されてたと思うけど▶
妊娠出産家庭との両立、これ全部ですわ
なるほどなあ。
権力者は『女性が妊娠して育児休暇を取る』ことを恐れて女性を雇用しない傾向が強いからです」
アメリカでも結局男性は育児休暇取らなくていいって感じなのか?
うちの娘は医学の道に進むという意味で日本とは雲泥の差だが、もしも彼女が子どもを産みたいという時には中国の人たちのようにワイと妻の再登板かもしれん。
以上

記事本文: 女性研究者の減少は「性差別」だけではないという主張 - GIGAZINE

いま話題の記事