GoogleはChromeでユーザーエージェント文字列を段階的に廃止する方針 - GIGAZINE

58コメント 2020-01-15 16:04 GIGAZINE

ブラウザがウェブサイトにアクセスする際に送信するユーザーエージェント文字列は、使用しているOSやデバイスのアーキテクチャ、ブラウザの情報などを含んだテキストであり、ウェブサイトの表示形式などに影響しま...

ツイッターのコメント(58)

ふむふむ。。
Cookieを使わないブラウザフィンガープリントってのは初めて知った(゜_゜>)
ますますJavaScriptの知識も強化せんと。。
なくなっちゃうんだ。謎で好きだったのに残念。
サイトで、ユーザーエージェントを利用して、Webページの出しわけができなくなります。9月までに対応しないと死にますのでご注意を。これはChromeの発表なのですが、今後ほかブラウザでも有り得るのでそそくさと対応した方が良きです。
@onigiritan 闇のエージェント組織は、今存続の危機にさらされてるとかいないとか。
アドオンで提供されてるような送信しない/偽装する/ランダムにするって機能を標準にすれば良いような?
User-Agentでアクセス可能の有無判断で色々悶着があったのねぇ…
UA文字列どう考えても複雑すぎるし、フィンガープリントにも使われるから必然な流れだなぁ。//
この手の流れはどんどん加速していきますね…
おじさんたちの頃は UA で CSS を振り分けててね…ってなるの?
 
PR
PR