豚コレラウイルスを散布するギャングVS電波妨害システムでドローンを撃退する養豚場の熾烈な争い - GIGAZINE

33コメント 2019-12-23 14:07 GIGAZINE

中国のオンラインニュースサイト・ThePaper.cnの報道によると、中国北東部にある養豚場が、ドローンの飛行を妨害するための違法な電波妨害システムを導入していた影響で、飛行機のナビゲーションシステム...

ツイッターのコメント(33)

イカれてんな
ヤクザ論法でいくと直接の攻撃は賢くないので、ドローン業者に貸し金して、さらに風評を立てて倒産させて、ドローンビジネスを安く手に入れて自分たちが儲ける。
新華社によるとドローンを用いたアフリカ豚コレラウイルスの散布により、養豚場は犯罪者集団に豚肉を安く提供することを余儀なくされており、犯罪者集団は安価で手に入れた豚肉を販売して利益を得ているとのことです。
(´・ω・`)国難の時にさらにアフリカ豚コレラを撒き散らして事態を悪化させるのか…

GIGAZINE: 豚コレラウイルスを散布するギャングVS電波妨害システムでドローンを撃退する養豚場の熾烈な争い.
こんなことが実際に起こっているんですね。。

「中国の同地域では犯罪者集団がドローンを用いてアフリカ豚コレラのウイルスを散布している」
やめろよ生物テロ。
俄に信じ難いが、どうやら本当の話っぽい。「豚肉を安く買いたたこうとするギャング集団」がいるとのこと。なお、正確にはアフリカ豚コレラ。 《ニュース》豚コレラウイルスを散布するギャングVS電波妨害システムでドローンを撃退する養豚場の熾烈な争い|
なんかもう無茶苦茶ですね。
国全体、国民全体、文化自体が拝金主義になってしまっているのでしょうか。
むちゃくちゃやな
 
PR
PR