Amazon・Google・Microsoftといった大手クラウドは本当に高額を支払う価値があるのか? - GIGAZINE

15コメント 2019-12-23 07:07 GIGAZINE

Amazonはクラウドサービス企業として、2019年時点では最大のシェアを誇っています。しかし、ソフトウェアエンジニアであるカル・パターソン氏は「多くの人、特に大企業はAmazon Web Servi...

ツイッターのコメント(15)

AzureのPremium料金が書いてねーじゃん。
大手クラウド料金比較 /
まあ価格が低ければいいとは思わないが、サービスの品質が低いとするとねえ。
その比較にはセキュリティリスクが含まれていません…。 ーー 比較から、大手のプロバイダーであるAmazon・Google・Microsoft Azureはかなり高額である傾向にあります。
Discover(Google)から
3年くらい前だと、O365含めたAzureは、ちょくちょくマイナートラブル時々ダウンってのはよくあったけどね。ただ、この3社以外の代替少ないでしょ
料金設定が複雑なので、実は必要以上にお金を支払っているケースが多いという指摘。
ハードディスクの物理破壊とかどうする問題からみると心配はあるけど、クラウドは使い勝手良いし経費にゆとりがあるならVM暗号化して使いたいとは思う。

でも、オンプレミスなう。

>
用途で使い分けたい。
とてもステマっぽい記事内でお薦めの新興企業サービスと違って、GAFAのはすぐ潰れる恐れは無いだろ>
複雑な料金体系や
カスタマーサービスへの不満も
この記事、コストとサポートの話しかないけど、機能や信頼性も評価しないと不公平でしょ。
Amazonはクラウドサービス企業として、2019年時点では最大のシェアを誇っています。しかし、ソフトウェアエンジニアであるカル・パターソン氏は「多くの…

【出所:GIGAZINE 厳選】
以上
 

 
PR