TOP > ネタ・話題 > 毎月5万4000円を市民に配り続けた結果何が起こったのか?という記録 - GIGAZINE

毎月5万4000円を市民に配り続けた結果何が起こったのか?という記録 - GIGAZINE

649コメント 2019-12-12 08:02 | GIGAZINEキャッシュ

by Sharon McCutcheon Follow Message...

ツイッターのコメント(649)

@TrendStream
イエスアイアム!
この調査の日本バージョンできるんじゃないかなぁ。
月10万あれば最低限の生活はできるしセーフティにもなるし、なによりこういう時に役立つ。もちろん10万で足りるわけもなく、そこから先は仕事などで働いてねっていう感じがベーカム。最近の実験では誰も仕事をやめなかったとか。
昨日ウォーキングしながら日本の未来を想像した。コロナが長引けばベーシックインカムは現実味が出てくるのではないかと。若い政治家を選べばあり得るのでは。
ベーシックインカムの時代がくる。絶対にくる。
@Naniwano_Oyaji どちらの人も「余裕」を手に入れれると思います。不安定な人は「生活の余裕」を、安定している人は「時間の余裕」を得る事になるのでは。ある程度の格差ができるのはできるでしょうが、それはその人の頑張りの結果でもあるので、それはそれとして受け入れるべきかなと。
今の状況とは違うけど。人はみんなが思うほどアホじゃないってことかな。
給付金でコレ思い出した
ベーシックインカムの社会実験はいろいろ結果が分かれているので、国民性、地域性なども結果に関係してくるのかな!?皆さんだったらどうしますか??

対象となった家族にとって、月5万4000円の支給は、月収の30%の増加に相当
ちなみに前澤さんの紹介記事はこちら(ツイートされてます)→
(BI)
昔見た記事見つかったー!
前澤社長(⁦@yousuck2020⁩ )の社会実験、月額じゃなくて一回でドーンと払ってることでの差異を見るならいいと思うんだけど、歴史的な社会実験って言われると個人的には「何人が目先の金を欲してるか」の実験かなって思う
結果レポと100万欲しい
毎月5万4000円を市民に配り続けた結果何が起こったか?

「自由に使える現金を与えたら仕事をやめる人が生まれて経済が影響を受ける」という批判に対し、実験の結果、予想外のことが示されたとのことです。…人々が得た最も価値のあるものは「時間」であることがわかりました。
@mansaku_ikedo @a_fukuzi こんな記事を最近読んだばかり。興味深い内容です。
>「政府が現金を支給すると人々は働かなくなる」という意見はこれまでも見られるところでしたが、SEEDプロジェクトによって示された結果は…。

とても納得できる実験結果。
お金に少し余裕が出来れば、日常の行動が少し変わって、幸福感が増すんですね。

『余分なお金があることで、引っ越しして通勤時間を削減したり、残業時間を減らしたりして、「時間」を買う』
その生活の時間が買えるものなら、変化ありそう。
全員が幸せになれる施策はないと思う。
だからこそ誰を救いたいのかを明確にして決定していく必要がある。
メインターゲットの選定は何においても大事。
BIのハッシュタグで流れてきた記事だが、困窮してる人に限定して配るのもベーシックインカムに入るのか?
それは生活保護だと思う。
記事にBIの記述はないけど。
「大きな問題の解決策はスピーチから生まれるのではなく、何が可能なのかを示し、提唱し、再構築することから生まれます」としてこのプロジェクトの重要さを強調しました。やっちゃえ、ニッポン
お金に余裕を持つと心理的に思考に余裕を持てるようになって、判断しやすいというのがあるみたいだから、俺はベーシックインカムに類する寄付は賛成。
①今私はCROSS exchangeと言う暗号通貨取引所からその取引所でユーザーが暗号通貨を売買した時に取引所が得られる利益より毎日【分配金】として金銭を貰えています
これある意味『ベーシックインカム』と同じ意味合いを…

5万4000円を市民に配り続けた結果何が起こったのか?
前澤さんのお年玉企画はこの社会実験に似ているのよね。使途を限定しない現金支給で「人々が得た最も価値のあるものは「時間」で」キャリアアップに繋がった例もあるそう。
残業を減らす、家族と一緒に過ごす時間、転職活動する時間、時は金なりとはこういうことか🤔
日本でもやってみてほしい
幸せになる人が増えそう
アメリカのカリフォルニア州にある街で、月額500ドルを生活に困窮する人に支給し続けた実験で、結果として受給者が自由に使える時間が増えたという記事は大変興味深い。前澤友作さんはこれを一個人で行うのが今回のお年玉の主旨だという。面白い!
金銭的なストレスは人にとってかなり大きなストレスになる。生活水準を一度上げると下げられないのもあのストレス状態に戻れないからなのかな。
ツイッタ界隈で今話題のBI(ベーシックインカム)に関する記事。
当然ながら生活に余裕ができることで良い影響が出る家庭が多かった、という結果に。もし日本でするならば、消費税を0%にすればすぐに良い結果が出ると思うけどな🤗あとは最低賃金をアップさせるとか。
日本🇯🇵は、こういう事が出来るはずである✨
きっと未来は素晴らしいものとなるでしょう。
児童扶養手当月1万ちょっとじゃ全然足りないからこの記事のようにせめて月5万は手当が出るようになって欲しい。
リアルにうちの会社の上席達に読ませたい。
余裕がもたらす事の意を。
@smith796000
上念さん的にはどうお考えでしょうか?
GIGAZINEのこの記事の
PVどれくらいいったんやろ
毎月5万4000円を市民に配り続けた結果何が起こったのか?

「政府が現金を支給すると人々は働かなくなる」という意見はこれまでも見られるところでしたが、示された結果はこれとは真逆のものでした
お年玉記事読みました。
本来個人がする事ではなく、宝くじ等でするべき事なんじゃないかな〜?😅

宝くじ1等10億でなくて、1等100万円にして当たりやすくするみたいな😅
お金に余裕があったら、ライター仕事をセーブして小説のほうに時間をかけられて、いまより早く作家デビューできたりするんだろうか。でもハングリー精神が必要とかも言われるしなあ
あけましておめでとうございます🌄

新年早々ちょっと面白い記事を発見!
「政府が現金を支給すると人々は働かなくなる」という意見はこれまでも見られたが、結果は真逆のものでした。
現金支給を受けたことで「時間」が生まれ、初めて次のステップに進む余裕が生まれたわけです。

毎月5万4000円を市民に配り続けた結果何が起こったのか?
前澤さんからの紹介で見たけど
日本でもこれやらないかなぁ(⌒-⌒; )
記事読みました。
(⁦@yousuck2020)⁩
大事な人との時間が増えるということはすごく大切なこと。

時間を使って働いてても、その費用対効果が得られてない人は多いです。
非常に興味深い
けど日本でやるのは市町村の財政や市民の状態など色んな要因を考慮しないといけないかも…
山本太郎が言っていることは正にこれ。国民に負担をかけることなく、現金でなくとも政府で賄う諸々の政策があるはず。
わかるなぁ。
時間。
子供。

私もがんばろ。
前澤さんが紹介していた記事。
これだけの具体例あるのに、とある東洋の島国は緊縮しか頭にねえってな
独身の時なら自分磨きに使うだろうけど今なら子供最優先だな。物より体験出来る事に使いたいかな…
堀江さん@takapon_jpの本でもよく見かけるベーシックインカム
この記事がとても興味深いです。
もっと見る (残り約599件)
 

いま話題のニュース

PR