GoogleがChrome 79で強化された「パスワード保護機能」の仕組みを解説 - GIGAZINE

13コメント 2019-12-11 16:27 GIGAZINE

2019年12月11日、ウェブブラウザ「Google Chrome」のバージョン79.0.3945.79がリリースされました。Googleは「バージョン79で、パスワード保護機能を段階的に強化していく...

ツイッターのコメント(13)

これか、要は漏洩パスワードリストに載ってる場合に警告されると
うう。。表示されてびっくりした。。:
職場のPCでなんかでたと思ったらこれか
こういうのは精神的にきつい
chromeで最近確認画面が出て来たのはこの機能が実装されたからなのかな?(関係ないかもだけど)
流出したパスワードが見つかったら警告してくれるって所がスゴイね
複数端末を同時使用してる人は警告が多発するのかな?
Discover(Google)から
仕組み言わないほうがいいんじゃない❓まぁどーせバレるからいいのか
ユーザーはチェックしておいた方がいいかな。
なるほどー

>

>流出したデータに(ハッシュ化した)自分のユーザー名&パスワードが含まれているかどうかの最終チェックを(リアルタイムに)ローカルで行います。

GIGAZINE
2019年12月11日、ウェブブラウザ「Google Chrome」のバージョン79.0.3945.79がリリースされました。Googleは「バージョン79で、パスワード保護機能を段階的に強化していく…

【出所:GIGAZINE 厳選】
えっ,この機能,On/Off を自分で制御できないかな.ハッシュされてても常に送られてしまうのはなんかイヤだ. |
以上
 
PR
PR