TOP > ネタ・話題 > 最も優れた2019年の科学の本5冊を学術誌Natureの編集者が選ぶとこうなる - GIGAZINE

最も優れた2019年の科学の本5冊を学術誌Natureの編集者が選ぶとこうなる - GIGAZINE

12コメント 2019-12-10 23:02 | GIGAZINEキャッシュ

さまざまな分野の専門家が、それぞれのテーマで自身が最高だと思う5冊の本を紹介するウェブサイト「FIVE BOOKS」で、Natureの編集者であるバーバラ・カイザー氏が、2019年に登場した科学分野の書籍から5冊の本を紹介しています。...

ツイッターのコメント(12)

認知神経科学者であるジーナ・リッポン氏の書籍「The Gendered Brain」メモ。
*書籍をクリックするとamazonへとぶ。
よみたいメモ
な、全部「英語」だろ?
英語の本だけど、本の紹介ってのはちょっとワクワクする。/
snow leopardを読んでみたいな
科学のいまについて知る
 

 
ネットにあるものは全てが素晴らしいとは限らないがときにはこの個人の界隈にはありえないようなものをもってくることができる(知る)
英語を勉強するしかないか。
2位の"The second kind of impossible"と5位の"water of the world"が面白そう
全部面白そうだな〜
さまざまな分野の専門家が、それぞれのテーマで自身が最高だと思う5冊の本を紹介するウェブサイト「FIVE BOOKS」で、Natureの編集者であるバーバラ・カイザー氏が、2019…

【出所:GIGAZINE 厳選】
以上
 

いま話題の記事

PR