56コア・112スレッドのプロセッサ「Intel Xeon Platinum 9282」と「AMD EPYC 7742」の比較ベンチマーク結果をIntelが公開 - GIGAZINE

16コメント 2019-11-07 14:12 GIGAZINE

チップメーカーのIntelは、56コア・112スレッドのサーバー向けプロセッサ「Xeon Platinum 9282」が、ライバル企業のAMDが2019年8月に発表した64コア・128スレッドの「EP...

ツイッターのコメント(16)

へー、56コアもあるんだ。かつての Phiと差がなくなってきてる。今は機械学習でもGPU全盛って感じだけど、プログラミングはマルチコアCPUの方が楽や。/56コア・112スレッドのプロセッサ「Intel Xeon Platinum 9282」と「AMD EPYC 7742」の比較ベンチマーク結果Intel公開
最近、あまり、この界隈の情報をキャッチアップできていませんが、Intelのプロセッサーもようやく同時実行スレッド数が100を超えるようになってきたのね。Ultra SPARCは2013年には128スレッド、2015年には256スレッドでしたけどね :-p
インテルのサーバー向けプロセッサ、早くも調査会社に酷評。メリットあるんかな。
Intelが対AMDでサーバ用プロセッサのベンチマークを公開。同社が比較したのは、自社の56コア・112スレッドの「 9282」と、AMDの64コア・128スレッド「EPYC 7742」。なおネットでAMD優位だと引き合いに出される際の、Intel側の製品は28コア・56スレッドの「 8280」だ。
戦いが異次元すぎてわけがわからない56コア vs 64コア 謎の戦い
なんか難しい話やけど熱戦してますなぁ…(いいぞ、もっとやれ)(ほぼ理解してない)
Intelさん焦ってますねーwwww
56コアってどう使うんだろ…
もう
速さなんか
どうでも(・∀・)イイ!!から

両社とも
CPU販売価格を
1/10にしろ~~~~
消費電力を
1/100にしる~~~
タスクマネージャの表示を見てみたいわ
AMDの強みはなんと言っても「コストパフォーマンスの良さ」
価格と性能のバランス
Intelが最高性能を誇っても、値段が破格では?
Intel 9282のTDP400wっておまえ…
56コア・112スレッドのプロセッサ「Intel Xeon Platinum 9282」と「AMD EPYC 7742」の比較ベンチマーク結果をIntelが公開 - GIGAZINE
争え…もっと争え…
以上
 
PR
PR