TOP > ネタ・話題 > ソフトバンクが多額の出資を行うもIPOに失敗&大炎上でCEOが退任した「WeWork」を専門家が批判 - GIGAZINE

ソフトバンクが多額の出資を行うもIPOに失敗&大炎上でCEOが退任した「WeWork」を専門家が批判 - GIGAZINE

51コメント 登録日時:2019-09-27 06:59 | GIGAZINEキャッシュ

アメリカでは新規株式公開(IPO)を行うために、証券取引委員会に「S-1」と呼ばれる証券登録届出書を提出する必要があります。これはIPOを目指す企業にとっての最初のハードルとなるのですが、これが原因で化けの皮がはがれ大炎上している企業があります。...

ツイッターのコメント(51)

略諾的価格設定、なんて言葉があるのね。
今度もこれで乗り切れるか>ソフトバンクの孫氏らの行動モデルは、コスト度外視の価格設定で市場力を獲得し赤字は資金調達で補てんするという、まさに略奪的価格設定そのもの。
「略奪的価格設定」の例だそうな。
ちょっと、興味ある
孫さんの会社って中東のソーラーパネル、ロボット、買収、どれも上手く行ってない。
WeWorkはヤバすぎるし、みずほ銀行も一蓮托生な感じ。
さあ、どうなる、SB。
そして、みずほ、JAバンクの運命は?
最近Amazonがプライム定着したせいか品質落ちまくってて嫌なやり口だなーと思ってたけど、ああいう赤字前提のサービスで市場を支配して、そのあと好き勝手するのって略奪的価格設定っていうのか。Abemaとか完全にそれを目指してるよな~
ソフトバンクが
多額の出資を行うも

IPOに失敗&大炎上

でCEOが退任した「WeWork」を

専門家が批判
ソフトバンクが多額の出資を行うもIPOに失敗&大炎上

>ニューマン氏やソフトバンクの孫氏らの行動モデルは、コスト度外視の価格設定で市場力を獲得し、赤字は資金調達で補てんするという、まさに略奪的価格設定そのもの。
ウィーワークがロクでもない公私混合企業だったのがバレて新規株式公開に失敗したニュースを、日本の糞メディアがスルーしまくってるのが笑える。
俺みたいな一般人は上場しててもよくわからないものには投資しない方がいいみたいだね でも世間がよくわからないものを先に投資出来る人も凄いけどね
"WeWorkだけでなく多くの企業が同じようなモデルで経営を続けており、スクーターの「Bird」はお金を稼いでいないし、UberやLyftといった配車サービスのビジネスは採算がとれていないとのこと。こういった戦略はお金を稼ぐ必要のある競合他社にとっても壊滅的なものだそうです"
大丈夫…なのか?
WeWorkがIPO失敗(事業内容があまりに稚拙で投資家や専門家から酷評されて大炎上)CEO辞任(ソフトバンクが約3200億円の追加出資を行った企業)
「資本市場が損失を生む企業に資金を供給する」傾向が益々一般的になっている事を示す事例(偽造資本主義?)」
低金利政策の弊害

「ニューマン氏やソフトバンクの孫氏らの行動モデルは、コスト度外視の価格設定で市場力を獲得し、赤字は資金調達で補てんするという、まさに略奪的価格設定そのもの」
・・・『こいつのオーラが気にくわない』という理由で従業員をクビにした・・・
ストーラー氏はWeWorkの炎上事例について「資本市場が損失を生む企業に資金を供給するという傾向がますます一般的になっていることを示す事例だ」と記しています。このような事例は「偽造資本主義」と呼ばれ、新世代の経営コンサルティングなどの間では頻繁に語られている。
おバカなトップの首を切れるなら、買収した甲斐があるってもんじゃないのか? 責任を取らせるにはトラブルが起こるのを待つしかない場合もあるだろう? /
paypayとかの戦略も通じる所がある話。規模の大小はともかくとしてどんな市場でも良くある内容な感じはする。
記事読んで、「類似状況が彼方此方ある」と思った次第。
素人がでしゃばり、良策をも台無しにする世の中だよね。今現在。
>ニューマン氏の虚像を作り上げたのは、
(中略)
「JPモルガン・チェースのジェームズ・ダイモン氏やソフトバンクの孫正義氏によるところが大きい」
ほー?
(続く)
SBめちゃめちゃ批判されてる
WeWork時代はとてもいいシェアオフィスなのに、IPOさせて個人投資家に莫大な投資分のすり替えはもうさすがに許せなくなったのかな。
ファンドでバンバン自分たちだけで根拠なく時価総額上げていって、IPOさせる手法はもう通用しないだろう。
引用:
2018年にソフトバンクが30億ドル(約3200億円)もの追加出資を行ったという企業…情報開示で公開した事業内容があまりに稚拙ということで投資家や専門家から酷評されて大炎上
…ソフトバンクやWeWorkの「競合他社よりも低価格でサービスを提供して最終的に市場全体を支配する」という手法は、…かつては違法であり、「略奪的価格設定」として知られていました。ニューマン氏やソフトバンクの孫氏らの行動モデルは…まさに略奪的価格設定そのもの…
前々から言ってる成長戦略の限界がめっちゃわかりやすく書かれてる。そう!言いたかったのこれ!これだよ!
結局こうなると金持ってる奴が勝つ!みたいになるからサービスの価値がなくなるんだよ
ストーラー氏はWeWorkの炎上事例について「資本市場が損失を生む企業に資金を供給する、という傾向がますます一般的になっていることを示す事例だ」
さーてどうなるやら
> 民間資本市場から競合他社を現金で締め出すこと

全く同じ事をEUでやって罰金払わされ、日本では
ソレを未だ続けている 米帝 と云う企業が
あるのだが、それについては言及しないのだろ?
・ストーラー って奴も。
略奪的価格設定の話。
それはそれとしてSB株が爆下げしとるんやが...(困る
凄く分かりやすい文章だった。
「実」の在る無し、それが及ぼす影響についての話。
「略奪的価格設定」か。1つのキーワードだな。
“ソフトバンクの一般的なやり方は、民間資本市場から競合他社を現金で締め出すこと”
ようやく日本のメディアも報道しはじめたな:
ソフトバンクと「偽造資本主義」、なるほどおもしろい
《このような事例は「偽造資本主義」と呼ばれ、新世代の経営コンサルティングなどの間では頻繁に語られているそうです。WeWorkのニューマン氏の台頭と凋落は、現代の政治経済哲学における重要な教訓になりうるとのこと。》
面白い指摘ではある
ボロボロやな/
「偽造資本主義」
ベンチャーキャピタルや投資家の目標は「大きな市場を見つけ、その市場で支配的な立場になるまでサービスの価格を下げられるような1つの企業に資本を投入すること」になってしまった
>このような戦略はかつては違法であり〜 ←今は違うのか?
AMAZONなどは多国籍企業ではなく無国籍企業だ。無国籍企業を取り締れる国・組織・機関が現状無い。
こんな情報を見つけたよ
ソフトバンクやWeWorkの「競合他社よりも低価格でサービスを提供して最終的に市場全体を支配する」という手法は、Amazonが成長していく過程でとってきた戦略と同じ。
海の向こうでも評判悪いねぇ、孫クン
"略奪的価格設定"
この中で指摘されている言葉だけど これは paypay などのペイサービスにも言えること
短期的な利益は消費者も得ることはできるが 長期的には手数料価格の引き上げなどによる小売への負担が増すだけの気がする
ソフトバンクが多額の出資を行うもIPOに失敗&大炎上でCEOが ...
「WeWork」を専門家が批判 -


この手の流れって、資本こそ大きくないにせよ、価値を見出だせない中小企業社長にもいるなぁ。

ベクトルは違うけど
サービスの価格を下げるとか
従業員に難癖つけて給料上げないとか
以上

記事本文: ソフトバンクが多額の出資を行うもIPOに失敗&大炎上でCEOが退任した「WeWork」を専門家が批判 - GIGAZINE