TOP > ネタ・話題 > 遺伝子組み換えされた蚊を野生に放ち撲滅する実験が失敗、予想外の結果に - GIGAZINE

遺伝子組み換えされた蚊を野生に放ち撲滅する実験が失敗、予想外の結果に - GIGAZINE

392コメント 登録日時:2019-09-18 21:06 | GIGAZINEキャッシュ

蚊は刺されるとかゆみが出てうっとうしいだけではなく、デング熱・ジカ熱・マラリアといった伝染病を媒介することでも人々を悩ませています。そんな伝染病を媒介する蚊を撲滅するため、遺伝子を操作して生まれた子孫が死ぬようにした蚊を野生に放ち、蚊の個体数を減少させる実験がブラジルで行われていましたが、残念ながら実験は失敗したと報告されました。...

Twitterのコメント(392)

あれ失敗してたのね
もう少し観察しないと今回の件や副産物に関しても正確な判断は下せない気もするけど
@mskz86866967 ちなみにこういう記事が
@yutaro_0612 蚊もやらかしたって記事が出ている。
自然に背くとこうなるのね。子どもも大人に寄せると育たない。子どもの世界に大人が入っていって、その個を伸ばしていくのが大事なのでじょうなぁ。
失敗することもあるんだな。
・放ったオスがメスに相手にされなかった可能性
・死ぬはずの子孫がわずかに生き残ってしまう
・下手すれば子孫はブラジルの蚊より強い抵抗力を持つ/
ここ数日もバスは放射線の不妊処理放流で殺さないのが良いみたいな意見を見かけたけど、つい先週もこんな

蚊で失敗したニュースが流れてリスクの認識が広がったばかりなのにね。
@ZONTURI 最近の研究は失敗したとニュースになっていました。失敗を繰り返してもいつか成果が出て欲しいです。
蚊を減らそうとしたら、蚊が増えた。

蚊は絶滅しても自然に影響ないって言われてるらしいけど、人を減らすのが役割なのでは。。。((( ;゚Д゚)))
遺伝子組換え蚊で蚊の絶滅を図る試みがすでに野生で行われ、あっさり失敗していた。
死ぬと思ってたけど、思ったようには死にませんでしたってことか。
でも全部死なないなら、いずれは。
@psymaris @tarosukenet 実験室レベルでは成功しても野外放出実験では失敗したりもしていますが、失敗した遺伝子ドライブは蚊にとって子孫を残すのに不利に働くものなので、逆に子孫を残すのに有利な遺伝子ドライブであれば、確実性は上がると思います。

確かにヒトを育てるのは高コストですね……
恐ろし過ぎる
ブラジルでは蚊を撲滅するために、子孫が死ぬよう遺伝子操作された蚊が野生に放たれました。その個体数は一時的に減った後に増加しており、実験は失敗しました。しかも放った蚊は元々住んでいた種とは別種であり、より悪質な新種が誕生するかとしれないみたいです。
こんな事やらかしてしまって、誰が責任とんの?
ウリミバエの不妊虫放飼法の研究して成功した人迎えてたら成功してたかもなぁ・・・
俺のTLでは見かけなかったけど、これ大変なことをしたと感じるんだけど・・・
数十年単位でなにかが起きそう
遺伝子組み換えの蚊。
さらに強力な殺人昆虫が造られた?
でも、ビル、蚊は失敗だったね。
ヤダーーーーーーー!!!!!! |
人間の思い通りにはならないのです。「予期しない結果が懸念されます」 /
失敗したのね……
これはヤバい傾向
昆虫の遺伝子の進化は年単位の速いスピードなのでヘタすると新種が発生するかもしれない
いくら殺虫剤を強くしてもすぐに耐性を持つ強い遺伝子を持ってしまうゴキブリやハエと同じく
更に強い耐性が進化した蚊が生まれる可能性がある
バイオハザードが起きそうなフリだな。
だから「アンダーコントロール」なんて無理なんだよ〜

自然からしっぺ返しって、昔から喰らってきてるじゃん

---
SFだと、これが原因で人類滅亡の危機が起こるんだけど、現実なので大丈夫
自然を相手にするというのは当然ではあるがなかなかままならないものだなぁ。。。
期待していたのに駄目だったのだな。マラリアの薬に対して次々に耐性蚊が生まれる事を考えてみれば、無駄な抵抗だった訳か。
中国でな、雀を害鳥とし駆除した失敗例があってねぇ。
蚊の駆除はやってはいかん。
生態系異常の皺寄せがくる。
蚊に刺されない安い方法を探した方がいいと思う。
蚊に対するTNRが失敗したという記事
繁殖を制限された個体はそもそも繁殖に加わらないのか…
自殺遺伝子は消滅することを証明するだけの実験になるかと思ったが,生き残ったとは怖い話。野生生物に効果の不明な遺伝形質を導入するのは危険だと思う。
だから早く企業はホイホイさんを実用化させるべきなんだ(おめめグルグル)
遺伝子組換えってのがもう、傲慢なんだよって思うけど、、デング熱とか危険な病気を減らしたい動機はわかる。けども、、
- Gigazine 自然の方が上手ね。
SFコントか?
いや、むしろ予想通りだろう。
てか、自然は人智を遥かに超える事実を学べよ、いい加減。
@himotarou いや、あんたみたいなのが、何が起こったら「想定外でしたぁ。」って逃げるんだよw

なんでも人間の計算通りに自然界が動くと思ってる。

そのおごりが原発事故を生んだんだよ。

いいかげん学べよ🤷‍♀️
やべーじゃん
これなんかこえーな…
怖すぎでしょw
人間を1番殺す生物に、人間が力を加えて更に強力にしてしまったのか。。
人間の敵は人間ですなぁ。。
放射線照射で不妊虫にしたミバエ?を放って撲滅させるという話を聞いたことがあるけど、あれは効果があったのだろうか?
神の領域に手を出してはいけない

と考えるのか

これも神のご意志のうち

と考えるのか‥
実験中止にした方がよくない?
マジ????
パンドラの箱を開けた感があるな
これ、大変なことにならなきゃいいけど💧
失敗したときの対策とか考えてるのかな?
複数の系統や人為的な遺伝子組み換えを受け継いだ新しい蚊のグループは最悪の場合、従来の蚊よりも強い抵抗力を持つ可能性があります。研究チームは新しい亜種が従来の蚊より危険ではないと考えていますが、Powell氏は「予期しない結果が懸念されます」と述べました。
ジュラシックパークが現実になっとる!やば!
「生命は道を探す」byマルコム博士
言わんこっちゃない!!
生物の本能、順応性、なめちゃいかんよ!!
「複数の系統や人為的な遺伝子組み換えを受け継いだ新しい蚊のグループは最悪の場合、従来の蚊よりも強い抵抗力を持つ可能性があります。」
生態系壊れるのでは?
なんかパンデミック系のb級映画の導入にありそうなニュース
一番分かりやすい最悪の状況なのね、成る程人類は滅亡だ
よくあるやつ /
研究としては予想外の結果は興味深い。でもなんで野外でこんな軽率な実験をしたのか、研究倫理が問われる事例。外来生物の事例を学んでないのか?
生命は道を見つける……っていうマルコム博士の言葉を思い出しました。
その内キメラが誕生しそうな実験してんなぁ
地味に嫌な予感。遺伝子組み換え作物より、抵抗力の強い蚊が出てくるかもと考えただけでゾーとする(メスしか吸わないとか知ってるけど、嫌いなので)
傲慢!美しい!熱意!
これもわざとだろ
食口のやることはいつも「わざと失敗する」か「本気でやってみたけどやっぱり失敗する」かのどちらかになる
奴ら普通の人間よりも毛が足りないから
「遺伝子組み換えされた蚊を野生に放ち撲滅する実験が失敗、予想外の結果に」
これは終わりの始まり
え!?失敗!?ファックマジカヨ!!!(汗)
殺虫剤作ってる会社の陰謀で…みたいな都市伝説あったね。
駄目だったんかい!!
生命の力すごい。
一寸の虫にも選ぶ権利はある、ということ。
>複数の系統や人為的な遺伝子組み換えを受け継いだ新しい蚊のグループは最悪の場合、従来の蚊よりも強い抵抗力を持つ可能性があります。

ディストピア目前って感じで好き
まさに "Life finds a way." だな。/
方法が遠回しすぎる
そう上手くは行かないかー
はじめから失敗する気がするのに、なぜやるのだろう
複数の系統や人為的な遺伝子組み換えを受け継いだ新しい蚊のグループは最悪の場合、従来の蚊よりも強い抵抗力を持つ可能性が。
地球上の生物は繁殖のプロ。
一度は個体数が減ったから成功したのだと思ってたら、耐性を持った蚊が出現してしまったらしい
蚊は悪い血を吸ってくれてる
(知らんけど)
録に内容も確認せずに似非ナチュラリストが騒ぎそうな記事だ。
蚊の生き死にをどうこうしようだなんて、おこがましいとは思わんかね
や、やべぇ
これ英検1級の過去問で出たケースの続報ですね。
Researchers are optimisticって、何十回とシャドーイングしたけど、中々に現実は予測不能な結果になるものだ。
こういう実験結果に対して精神論的なコメントをつける人間にはなりたくない
あーあーもう、、
去勢されたオスは相手にされないあたり蚊も辛いな。
ぶっちゃけこうなるってわかってたろこいつら
実に恐ろしい実験だと思うんだけど、それを乗り越えていく生命の方がもっと恐ろしい、と感じたり。。あと実験している側にとって「都合の悪い結果」を隠蔽してないところは信用できるのかな、とも思ったり。
遺伝子組換組からも結局子どもが生まれてること、そしてそもそも組換はブラジル系ではない蚊だったこと。掛け合わせの新種が生まれてるってこと?
強い抵抗力を持った蚊によって刺された人間の生殖機能に異常がでたりする未来があり得なくもないかも
生命は、道をさがしだすんだなあ
終わりの始まりが…………
まてまてまて... “予期しない結果” /
こういうことでバイオハザードって簡単に起きそう
蚊をヒトなどに置き換えれば漫画や映画のシナリオが出来上がりそうなネタ

/
寿命という安全装置を設定されたバイオ生物が異常進化してコントロールできなくなるやつだ!
結果的に耐性のあるミュータント蚊を作り出すことになって、そのミュータント蚊と人間の戦いが熾烈を極めるんじゃないか?
なんか、ナウシカのオウムみたいだな
「成長して繁殖する前に死ぬとみられていましたが、実際には一定数の子孫が誕生していた模様」

生命は強い。
ほんと、人間って馬鹿だなって思う。遺伝子組み換えで安易なことするの本当にやめてほしい。
「生命は道を見つける」イアン・マルコム
人為的な遺伝子組み換えを受け継いだ新しい蚊のグループは最悪の場合、従来の蚊よりも強い抵抗力を持つ可能性があり…「予期しない結果が懸念されます」
蚊の撲滅計画があまり上手くいってないらしい。
@ishiitakaaki 此方が少し詳しいです



特定種の蚊に有効な遺伝子だったため、多種の蚊に対しては効かなかった

と読みとりました。
Gとアフィの戦い的な
慎重さに欠けていて恐ろしい…『研究チームは新しい亜種が従来の蚊より危険ではないと考えていますが、Powell氏は「予期しない結果が懸念されます」と述べました。』
生きる力の強さな気もする。___
遺伝子組み換えの可能性とリスクの両方を感じました🤔
> 遺伝子組み換えされた蚊は実験が行われたブラジルの系統ではなく、キューバやメキシコの系統を持つネッタイシマカだった
> 最悪の場合、従来の蚊よりも強い抵抗力を持つ可能性が

これ、もはやテロじゃないですか。
うっかりすぎる。。
子孫が死ぬ遺伝子を組み込んだ○○人を…
映画みたい。
生物は生き残るためにさまざまな変化をとげる 何億年も前から生存しているものの遺伝子は危機に対しての対応遺伝子があるのかも知れないな
生物は繁殖するのが最終目的だから人間の浅はかな思惑なんかあっさり越えちゃうっていうのは予想できてたけど怖すぎるので続報探そう。
SFで謎の突然変異が発生する奴だ
生物兵器開発は草
つまり、人為的に人類を滅びに導く『バルスモスキート』爆誕、というわけか。
"生命は道を見つけ出す"
メッチャ恐ろしいんだけど??
ラセンウジバエではうまくいってたのに……と思って調べてみたら、あちらは不妊化の手法がもう少し単純なのね(放射線を浴びせる)。SFみたいな展開。 /
放つ前に検討されるべき可能性だったと思えが……(´ー`)
めも◆
おいおいおい、実験結果、アカン方向に向かってるやん……(´Д`)
これが原因で人類滅びそう…
一つの生物種を人間の手で滅ぼすことが許されるのか?
キラービー見たい(汗
複数の系統や人為的な遺伝子組み換えを受け継いだ新しい蚊のグループは最悪の場合、従来の蚊よりも強い抵抗力を持つ可能性があります。Powell氏は「予期しない結果が懸念されます」と述べ
〈複数の系統や人為的な遺伝子組み換えを受け継いだ新しい蚊のグループは最悪の場合、従来の蚊よりも強い抵抗力を持つ可能性があります。〉
帰結は予測できないのか…
そうそう人間のご都合に合わせて生命は動いていない訳だね
うわあ
ゲノム編集は特定の遺伝子を除くことで本来の機能を停止させたり抑制を外して強調する。しかしこのような操作は適者生存の法則からは劣等と看做され、選択候補から外されるようだ。ていうかカッコウの母と代理母子孫の托卵合戦を知らないのかよ。偽装と識別精度の戦いだぞw
-

>人為的な遺伝子組み換えを受け継いだ新しい蚊のグループは最悪の場合、従来の蚊よりも強い抵抗力を持つ可能性があり

なんか聞いたことあるな
これは人類滅亡ワンチャン、、、
人類の浅知恵、自然の前で呆気なく打ち砕かれる、と>
ヒトが思った通りになんていかないものなのさ
ゴキじょうじが生まれるのってこういうことなんだなって思いました
恐ろしい実験や。。。ー
怖いな、、
何だか『ミミック』っぽい話だな。
まず先に血を吸う時の麻酔を腫れない物にする所からだろ
“複数の系統や人為的な遺伝子組み換えを受け継いだ新しい蚊のグループは最悪の場合、従来の蚊よりも強い抵抗力を持つ可能性があります。” /
2年前にサンフランシスコの
グーグル本社に行った際に
アメリカのチャネルセール責任者が
これを実験してるって
言ってたのを思い出した◎
違う地域由来の遺伝子を…
繁殖サイクルの短い昆虫は耐性が出来るのも早い



当初の主張では、遺伝子組み換えされた蚊の子孫は死んでしまうとされていたが、実際には一定数の子孫が誕生していた。
面白コンテンツ→「遺伝子組み換えされた蚊は実験が行われたブラジルの系統ではなく、キューバやメキシコの系統を持つネッタイシマカだったとのこと。」
「遺伝子組み換えされた蚊の子孫が生まれる確率は3~4%ほどだそうで、生まれた子孫も成長して繁殖する前に死ぬとみられていましたが、実際には一定数の子孫が誕生していた模様」
もっと見る (残り約242件)

記事本文: 遺伝子組み換えされた蚊を野生に放ち撲滅する実験が失敗、予想外の結果に - GIGAZINE

関連記事