TOP > ネタ・話題 > 四肢麻痺の患者が神経移植手術により腕の機能を回復することに成功 - GIGAZINE

四肢麻痺の患者が神経移植手術により腕の機能を回復することに成功 - GIGAZINE

10コメント 2019-07-09 21:36  GIGAZINE

四肢麻痺とは、外傷による神経の損傷などが原因となり、両腕と両足がともに動かせなくなってしまう症状です。この四肢麻痺の状態になると体をほとんど動かせなくなるため、患者は普通の生活がほぼ不可能になってしま...

ツイッターのコメント(10)

動かなくなった四肢を動かせるようになるかもしれない、まさに復活医療
ほう!素晴らしい!
-
平均年齢27歳の四肢麻痺患者16名に対し、神経移植と腱移植を組み合わせた手術を実施しました。その結果、13名の患者において腕の機能を回復させることに成功したとのことです。
「自分の手でビールを飲めるようになるまでに回復」「足の機能は回復させることができない」「原因となった神経の損傷から6~12カ月以内に行うことが望ましい」どんどん技術革新してほしいですな:
科学の発展はやはり素晴らしい。
マジでこの手の医療は進歩してほしい。

どーせ日本は先端医療に金を投資しないから外国勢が先に進めてくれるはず

俺の舌の左側は7年間以上も痺れっぱなしなんだ。
グリア細胞がなんたらとかいうやつかしら。
血管のバイパス手術と同じやり方か
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR