TOP > ネタ・話題 > 「USBに裏表がある理由」をUSBの開発者が明かす - GIGAZINE

「USBに裏表がある理由」をUSBの開発者が明かす - GIGAZINE

79コメント 登録日時:2019-06-24 21:12 | GIGAZINEキャッシュ

コンピューターの周辺機器を接続するための規格「USB(ユニバーサル・シリアル・バス)」のほとんどには裏表があり、「おや、刺さらないぞ…… 逆向きか!」となることがよくあります。うっかり逆向きでUSBを差し込もうとしてしまうたびに「なんでこんな設計にしたんだ!」と毎度のように怒りを覚える人もいるはず。そんなUSBの開発者エージャイ・バット氏が「USBコネクタに裏表がある理由」を明らかにしています。...

Twitterのコメント(79)

急にminiUSB使う必要が出てきたけど、身の回りにtype-cとmicroしか見つからない。
mini規格ってUSBの盲腸規格になりつつ有るな。
小型化ならmicro、もっといえばtype-cになるんだけどコスト的な問題で時間がかかるんだろうな…。大したことないようでもコストは重要。
まさかUSBの表裏がある理由が〇〇だったなんて驚きです!
100円均一のLightningケーブルも接続部分を片方だけにすることでコストを抑えると同時に特許も回避しているんだっけ→
macが裏表のない usb type cなので、うちはもう裏表ないですね
お疲れ様です。三森です。

USBの裏表は私も時折イラっとさせられますが、
そもそも導入してもらうためには、裏表が必要だったんですね。


…とは言え、リバーシブル型のTYPE-Cが一般的になるといいですよね:苦笑い:
ほう…たしかに。
中開いたら楽しいよねこういうの。
昔は確かになんだか機器ごとに色々コネクタがあってうあああってなってたな。それでもまあUSBの裏表にはイラッとするけどね... /
GIGAZINE.

元々はそういうことやったんか
嘘付けw
端子自体は2倍の配線だけど信号線の数はかわらんだろ。円形で同心円状の端子だったらかなりコストがかかるだろうけど。
でもtype cもそれそれでピッチ狭すぎだとは思う。接触不良があまり考えられて無い。
「バット氏によると、USBに裏表のある設計を採用した理由は「コスト」だとのこと。もし仮にUSBから裏表をなくしてどちらでも差し込めるようにすると、ワイヤーと回路が2倍必要となり、価格も2倍になってしまう」 /
丸型はこの世で一番指しにくいと思う。台形が現実的かなぁ
もーね、今からでも良いからね、「こっちがだいたいの場合、上か右」って決めてくれればいいだけなんだけど!!!!
HDMIなどのように片側を短く、片側を長くすれば向きで悩むことは無かったのですが・・。どちら向きでも形状が同じだから、コネクタの中身がどっちに付いてるのかを見ないと判別が付かない。
コストを考えて両面にしなかったのはわかるが、コネクタの形状はもうちょい考えて欲しかった。 /
理由は「コスト」だとのこと。もし仮にUSBから裏表をなくしてどちらでも差し込めるようにすると、ワイヤーと回路が2倍必要となり、価格も2倍に
むしろ「裏表のないデータ用コネクタ」の方が少なくない?
IEEE1394という規格もあったんだが、あれはなぜ駆逐されてしまったのか /
だいたい差し込むと決まって逆なんだよね →
コストの問題だそう。価格二倍になっても表裏ないほうがよかった・・( ˘ω˘)
Type-Cに置き換わってほしいなー。
USBってU(上か)S(下か)B(爆発しろ!)の略だから仕方ない
せめて手触りで表裏がわかるような凹凸が標準だったらなぁ /
USB は出た当時、革新的だったのは間違いないし歴史的意義も大きいよね。ただ、表裏ありだとしても台形にするとかあっただろうに。他のコネクタもその時点で台形がスタンダードだったよね?? /
>バット氏はUSBの開発に関して「開発とはチームスポーツで、名声はテクノロジー自身に与えられるべきです」と語っており
かっけぇのう
コスト問題か〜
NowBrowsing: - GIGAZINE:
技術屋のご都合主義。なら何で裏表がわかりやすいデザインにしなかったのか。UIをおろそかにするからこういうことになる。世界中にイライラをばらまいた罪は大きい。
コスト削減のための裏表だったのか……!!! /
USB最初の頃は使えないのに端子だけあったもんなあ。
IEEE1394は結局死んだし、普及には適切なコスト重要
上下があること自体は問題なくて、外観的にわかりにくいのが問題なんでしょ。主にいえるのは印刷表示で上下を示す方式があかんのだろうということ。目視必須なのが何よりだるい。ポッチでもつけておくべきだった。 / - GIGA…”
当時は発想自体が斬新で、PCに普及させるために使いやすさよりもコストを考えての判断。
機器独特のポートが今もあり続けることを考えたらUSBの裏表はありがたい迷惑…
実は最初から裏表を無くすことは出来たが、ワイヤーと回路が倍必要になり、価格も2倍になってしまう。当時は何よりも「全ての周辺機器を接続できる端子」として広く普及する必要があったので、コストが安いことが必須だった。
裏表があることが問題なんじゃなくて、裏表がわかりにくいことが問題なんだよ。PS/2ポートだって向きはあるけど、ノッチが付いていたからケース裏のコネクタに差し込むのも苦労しなかったよ。
コストか。。。
単純にコストだけの問題なのね
おはようございます。USBの差し込みにイライラした方、ぜひ!
裏表をなくすとコストが2倍になるそう。
でも割とめんどいですよね(。-∀-)
だったらなぜ長方形にした?なぜAコネクタだけ切り欠きをつけなかった?☞
普及させる上でコスト的な問題はあるよな〜
USBは確かに裏表で理論上は差込成功率50%なんだけれども、毎回ほぼ失敗するのは なんでなんだぜ(爆)
入れて失敗→裏返しても何故か失敗→もう一度裏返すと入る、っていう謎の現象も高確率で起こるw

[ - GIGAZINE]
裏表があるのは別にいいんだけど、裏表が分かりにくいのが良くない。一工夫して欲しかった。 /
PS2端子画像をみて、ピンを曲げてしまった記憶がよみがえる /
台形とかにしといてくれたらよかったのに
コスト対策なら長方形の金型作るコストと丸型との差はどうなんだろ -
なるほど! USB は平成時代に生まれた大発明だな。スカジーなんかでかくて面倒だったもんね。
「入んねーぞ!なんで裏表あるんだ!」と思ったこと数限りなし。そのデザインの理由はコストだったのねー。裏表がない形にすると単純に2倍のコストがかかるし、PCなどのUSBの差込口をもつハードウェアも値上がり。なるほどぅ。

「Usbに裏表がある理由」をUsbの
初回試行の成功率は1/2かと思ったら1/10くらいで不思議 / 何でも刺せるし刺し直せるし電源も供給、は確かに画期的だった /
> 採用した理由は「コスト」だとのこと。もし仮にUSBから裏表をなくしてどちらでも差し込めるようにすると、ワイヤーと回路が2倍必要となり、価格も2倍になってしまうそうです。
なるほど分かりやすい。 // 『USBから裏表をなくしてどちらでも差し込めるようにすると、ワイヤーと回路が2倍必要となり、価格も2倍になってしまう』
ものすごくシンプルだけど
そうじゃなくて台形にするとか一目で上下がわかる形状にすりゃよかったじゃん
“「最大の問題点は裏表があることです」”

実際、裏表があること自体はそんなに問題じゃなくて、裏表のどっちか分かりにくい事と、裏表合ってるのに刺さりにくい事の方が問題なような……。
USBは本当斬新だった。PS/2やプリンタポートなどの問題を共通規格で駆逐することに成功した。コネクタの問題があったとはいえUSBの先進性は歴史低位に評価されるべき。 /
実は?挿す前に確認すればそんなに外さないんだけどね…人類には無理だわw »
裏表があるのは仕方ないと思うけど、長方形で裏表が分かりにくいことが問題。USBメモリみたいに頻繁に抜き差しすることは、そもそも想定してなかったんじゃないの? →
まあ、HDMIのような形状でも良かったのではと思ったが、USB規格ができた当時は、あの型が一番コストがかからなかったんだろうな。
丸型だったらもっと悲惨だった。(背面のPS/2、S映像端子にさせなかった経験あり)
知らんかった

USBに裏表のある設計を採用した理由は「コスト」だとのこと。もし仮にUSBから裏表をなくしてどちらでも差し込めるようにすると、ワイヤーと回路が2倍必要となり、価格も2倍になってしまうそうです。
丸型よりはマシ
差し込み成功確率が二分の一どころかあり得ないほどになる
GIGAZINE: 「USBに裏表がある理由」をUSBの開発者が明かす.


なるほどな、理由聞くと納得。丸型にならなくてホント良かった…
ほえー
問題は裏表がある事ではなく、裏なのか表なのかが分かりにくいのが欠陥だということ。
特に本体側がどっちなのかが分からん。
コストを重視して出来た世界中の人がイライラするデザインを今でも支持?馬鹿じゃねぇの? >
そこまでイライラしたことないけどな。そんなに頻繁に抜き差しすることないやろ?
唯一抜き差し多いようなUSBメモリは、大抵筐体側のデザインで上下わかるし。
差し込み成功率は30%くらいなんだよなあ…
via はてなブックマーク「テクノロジー」
違うぞ。「刺さらない、逆か……いややっぱさっきので合ってたわww」だぞ。
表裏があっても良いので、もう少し分かりやすい形状にしてほしかった /
一発で挿せる確立が50%より低いUSBの秘話
なるほど、そういう理由があったのね。
研修という名の勉強会で、「差し込む向きを間違えないように、表と裏で明確にコネクタのデザインを変えてはどうか?」と提案したことはあるが。まさかその後リバーシブルコネクタが一般化するとは思いもよらず。
日本には「良いものを作ればコストは気にしない」風潮があり過ぎる。品質も大事だがコストも大事!NowBrowsing: - :
>もし仮にUSBから裏表をなくしてどちらでも差し込めるようにすると、ワイヤーと回路が2倍必要となり、価格も2倍になってしまうそうです。
初めて買ったDOS/V互換機。Pentium2の時代、ショップの人に「これ何ですか?」と聞いたら「USBっていうポートです、何に使うんだこんなもん、アハハ〜」なんて言ってたの思い出すな(笑)
コストが理由ですと言われたら納得するしかないよな
普及させなきゃ意味ないんだし
対称にしない意味はわからん。いっこ出っ張り作るだけやぞ?それを作らないことで世界中のユーザにコストを肩代わりさせてる
以上

記事本文: 「USBに裏表がある理由」をUSBの開発者が明かす - GIGAZINE

関連記事