TOP > ネタ・話題 > 宝くじのルールの穴を突いて28億円以上を荒稼ぎした老夫婦の物語 - GIGAZINE

宝くじのルールの穴を突いて28億円以上を荒稼ぎした老夫婦の物語 - GIGAZINE

359コメント 2019-06-12 07:07  GIGAZINE

アメリカ・ミシガン州の片田舎でコンビニを経営していた老夫婦が、公営の宝くじに設けられたルールの穴をついて2600万ドル(約28億2240万円)もの賞金を手にしていたことが分かりました。一躍有名になった...

ツイッターのコメント(359)

@safari26728789 @miyutan0001 海外にはロトで期待値1以上になるケースがあったようです。

探せば他の国でもあるかも知れません。あとは、資金とその国の国籍を取るだけ!
@I_was_E
宝くじ当てますカンパニーは実在する(した)
何コレ、犯罪系かと思いきや数学的な知恵を働かせて"正当に"リターンを得たという話やった。。カッコ良過ぎる!! ⇒ 『宝くじのルールの穴を突いて28億円以上を荒稼ぎした老夫婦の物語』
これ何回読んでも面白い。
税引き前の利益で8億6000万。
1/4以上の利益を出せる投資ビジネスで州の宝くじを2度も終わらせた夫婦。
「宝くじのルールの穴をついて28億円以上を荒稼ぎした老夫婦の物語」
でもこれって10%以上の金融商品と何も変わらなくない? 資金があればできる、ないとできない手法なだけで……10年で8億は悪くはないと思うけど
お見事。まさにソレですね。_”「宝くじは愚者に課せられた税金である」といわれることもあります。その一方で、数学の素養がある人にとってはうまみのある投資先でもあったようです。”_
お見事です🤑
すげー!!
@zizi_69 宝くじでは当たる方式がいまいち立てられない。
ロールダウンみたいな話があれば別だけど、そうでなければ愚者にかけられた税金と言われても仕方ない始末。
こういう人もいらっさるけどね
これは凄い、、、
まさに黄金の羽を見つけ、拾った事例だ。
「宝くじは愚者に課せられた税金」
凄い言われようですが、確かに株やFX始めて、勝率とリスクリワード考えるようになってから宝くじへの興味は全くなくなりましたね…。
@ikkokumamezou 計算し尽くされているので、胴元は個々の勝ち負けに一喜一憂せずとも安定した収入が得られるのですが、たまにこういう例( )が発生します。これは宝くじの例ですが……。
数学ができるってすごいな...投資家としては見習いたい。自分にできるかどうかはともかく
@badassceo 宝くじを当てるのも努力が必要。笑
賢いっていいね。素晴らしい。穴をつくという表現は日本っぽい。
クレバーな裏ワザ✨
数学は大切だ!!→
これは前紹介したルーレットと違って特殊ルールを採用した宝くじの話 |
ネタで28億か、、、
これは夢がありますね~
これよりタイムリープを開始する!!
タイトルがアレ。ルールに則って、各区率と統計から宝くじで儲けたという話。こういうの好き。
数学が役に立つわかり易い例 -
こんなことあるのかー //
数学?統計学?すげー人だ(・∀・)
数学頭すげーな(・∀・)
予想以上に緻密かつ壮大な話だった・・・
夢があるー!
ルールを理解した者が勝利を得られる、の例
天才や。。

– Gigazine
聖杯探しには夢がある!
子供時代なら、ゲームの裏技だね
こういう「穴」は、ギャンブルには必ずあるよね。もちろん、人生もギャンブルだから、
「穴」がある。
賞金からの映画化の権利で二度美味しい
数学が出来る人は、人生でも得をする典型ですね。
「宝くじは愚者に課せられた税金である」といわれることもあります。> -
この数学利用できてる感いいよな。。
つよい。転落物語もついてくれば来夏映画化
これが、「儲かる」人と「儲ける」人の違い。こういうの大好き。
期待値を割り出し旅打ちするパチプロのよう🚗

🔽


「田舎のコンビニを経営していた老夫婦が公営の宝くじに設けられたルールの穴をつき2600万ドル(約28億2240万円)もの賞金を手にしていたことが分かりました」
くーー、頭いいなあ
もっと見る (残り約309件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR