TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > NASAはゲーム...

NASAはゲームを通じて宇宙に興味を持たせて未来の宇宙飛行士を作るという取り組みを行っている - GIGAZINE

14コメント 登録日時:2019-04-15 19:18 | GIGAZINEキャッシュ

NASAは1900年代には「宇宙開発」を大衆にわかりやすくアピールするため、画家やイラストレーターの想像力を活用していました。現代では、画家などに替わり「ゲーム開発者」がNASAの協力者となって、次世代のエンジニア・科学者・宇宙飛行士になる子どもたちの「宇宙への興味」を掻き立てるという役割を果たしていると、未来に通じる科学的なニュースを掲載するHow we get...

Twitterのコメント(14)

NASAがゲームを通じて宇宙飛行士を育成しようとしているニュースが最高にアメリカって感じで好き!
AIなどが発達してくれば教育やスポーツにおいてもこういった「ゲーム」を活用した育成、強化が普及していくかもしれない。コスト次第かな。
これ、とても夢を感じる。
NASAがやっているというところがまた…

ちゃんとした技術が身につくというわけではないと思うが。

これからの未来、ゲーム=技術を学ぶ場になるかもしれない。
いや、なりつつもあるのかな。
こういうのを無料で公開してるところが何気にNASAの凄いところ
ゲームというシダ類が世界中を覆い始めているなぁ。いいことだ。
:: できないことをやるのはゲームだよなーと
かつて宇宙に魅力される人間を作ったのはSF小説だった。学校で物理の勉強をさせても宇宙飛行士になりたい人間は作れない。
「GIGAZINE: NASAはゲームを通じて宇宙に興味を持たせて未来の宇宙飛行士を作るという取り組みを行っている」
ゲームによる教育!
このNASAが協力してゲームを作るって良いですね。
1984年に公開された『スター・ファイター』(The Last Starfighter)を思い出しましたよ。
実際に宇宙飛行士になれると夢があって良いですね。
火星の基地計画をシミュレートしたゲーム「Project Eagle」は無料でプレイが可能。
ゲーム × 教育は市場があると思う今日この頃。
Project EagleはSteamで 無料でプレイが可能となっています!!

以下のムービーではProject Eagleで描かれる火星のコロニーがどうなっているかをチェックすることが可能です。
Nasaはゲームを通じて宇宙に興味を持たせて未来の宇宙飛行士を作るという取り組みを行っている
某KSPの緑のことかと思ったら…→ 「Project EagleはSteamで無料でプレイが可能」
以上

記事本文: NASAはゲームを通じて宇宙に興味を持たせて未来の宇宙飛行士を作るという取り組みを行っている - GIGAZINE