脳に電気刺激を与えると高齢者のワーキングメモリが20代並みまで回復したという研究結果 - GIGAZINE

66コメント 2019-04-10 12:12 GIGAZINE

ツイッターのコメント(66)

高齢問題一挙解決。
年を取るにつれて物忘れがひどくなっていくというのは仕方のないことのように思えますが、老人の頭部に電極を装着して電気刺激を与えることで、短い時間の間情報を保持して同時に処理するワーキングメモリが20代並みまで回復したという研究結果がNature Neuroscience上で発表
これが本当なら凄い。
この実験で使った機械が欲しい…
老人の脳に電流流すと20代並のワーキングメモリになるとのこと。科学の進歩を喜びたい一方で、これを国が年寄りに施して、労働力として使用できる期間を延長しにかかるディストピアを同時に想像した。>
脳に電気刺激を与えると高齢者のワーキングメモリが
20代並みまで回復したという研究結果
電気好きな先輩がいたなぁ…生きてれば良いが
挑戦する・新しい事・人に出会う・探検・楽しい・愉しい・面白い、いい刺激の追究!
顔にボトックス入れるより脳に暖気刺激を与えた方が投資効果いいんじゃない?
これ本当ですかね??
トランステックは確実にくる。人間がより科学される時代になった時に、どんなパフォーマンスが発揮されるのか。とても楽しみ!
これ、リアルレベルアッパーやないか!
 
PR
PR