TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > 超軽量で急激な温...

超軽量で急激な温度変化にも耐えられる新素材が開発される、宇宙船の断熱材などに利用可能 - GIGAZINE

13コメント 登録日時:2019-02-18 20:14 | GIGAZINEキャッシュ

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)と8つの研究機関の研究チームは、非常に軽量で耐久性に優れたセラミック製のエアロゲルを作り出すことに成功したと報告しました。非常に激しい温度変化にも耐えうるこの素材は、宇宙船の断熱材などに利用できる可能性があると期待されています。...

Twitterのコメント(13)

すげーなー。
液体水素や液化ガスタンクの内張とかに使えないものか。
「非常に軽量で耐久性に優れたセラミック製のエアロゲルを作り出すことに成功した」
超ヘタらないスポンジ。
UCLAが開発したセラミック製のエアロゲル。周囲の温度を1400度に設定して1週間放置した場合であっても、新材料の機械的強度は1%未満しか失われなかったとのこと。

これが実用化されたらという素晴らしき素材。
セラミック製のエアロゲルやって。面白い。
非常に軽量で耐久性に優れたセラミック製のエアロゲルを作り出すことに成功したと報告しました。非常に激しい温度変化にも耐えうるこの素材は、宇宙船の断熱材などに利用できる
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)と8つの研究機関の研究チームは、非常に軽量で耐久性に優れたセラミック製のエアロゲルを作り出すことに成功したと報告
こういうの見ると、スターウォーズの世界の素材、優秀だなぁと思う。見た目がボロボロでも超絶性能で飛んでる。
>UCLAが主導した実験では、ほかのエアロゲルが破損してしまうような状況であっても、新材料は持ちこたえられたとのこと。
NASAのスターダストから超速の進歩だ。
窒化ホウ素とな。しかしいつまでも耐火素材と言うとセラミックなんだな -
後は人体や生物に害がなければ完璧やね
以上

記事本文: 超軽量で急激な温度変化にも耐えられる新素材が開発される、宇宙船の断熱材などに利用可能 - GIGAZINE

関連記事