TOP > ネタ・話題 > Googleがスマホ上で音声をリアルタイムでテキストに起こすアプリを聴覚障害者向けに開発 - GIGAZINE

Googleがスマホ上で音声をリアルタイムでテキストに起こすアプリを聴覚障害者向けに開発 - GIGAZINE

18コメント 2019-02-05 12:38  GIGAZINE

WHOによれば、世界中でおよそ4億6600万人が聴覚障害を抱えていて、その数は2050年までに9億人まで増えるとみられるそうです。聴覚障害者は人々の声が聞こえにくいか全く聞こえないため、会話をする際に...

ツイッターのコメント(18)

@ina_ani こんな感じのやつですかね?
聴覚障がい者によき だね
文字おこしアプリ
この記事中の音声をテキストに変換するgoogleのアプリ「Live Transcribe(音声文字変換)」を入れてみました。ちなみに私のスマホはAndroid7.1.1です。(補聴アプリはOSが非対応のため無理)まだ触っただけですが、以下感想。
これ普通に便利やん
これは期待。「ソフトウェアが外部の音声を自動で字幕に変換してくれれば、聴覚障害者と健常者のコミュニケーションが大幅に改善されるはずです」。◆
いいですね。軍事利用や監視だったりではなく、こういった人を幸せにする方面にどんどん機械学習が使われていくと。
音声入力→テキスト変換というとGoogle音声入力でもまだ誤変換などがあるけれど、どの程度まで改善されて精度が上がるのだろう?誤変換にも限界はあるよね。「OK Google 期待しています」 / “Googleがスマホ上で音声をリアルタイムでテキストに起こすアプリを聴覚障害者向…”
後で読むー。
Speech to textが来る…!音声インターフェイスの未来がどんどん来てる。
キタ━(゚∀゚)━!
これさ、聞こえない人もそうかもしれんけど、例えば健常者が英語の音声を聞くときにも使えるよね。YouTubeを自動翻訳の英語音声で聞いてるけどいまいちだもんね。
まさか手話通訳のアプリより、こっちとはな。
すごい。
やっぱり
聴覚障害者を支援するため、Googleは音声をテキストに変換するアプリ「Live Transcribe(音声文字変換)」と、補聴アプリ「Sound Amplifier(音声増幅)」を開発。
Live Transcribeは70以上の言語と方言をカバーしており、実に全世界人口の80%以上をサポートできるとのこと
これ今試してみたけどすごいな。同様の他のアプリは知らないから比較はできないのだけど、しゃべったことが即座に文字になるし文字化の精度も高い。おれの北関東/南東北訛りにもだいぶしっかりついてきてちゃんと読める文にしてくれる。Android9以降に対応とのことです
耳が遠くなってしまって会話しづらくなったおじいちゃんと話し易くなるといいな
「Googleは音声をテキストに変換するアプリ「Live Transcribe(音声文字変換)」と、補聴アプリ「Sound Amplifier(音声増幅)」を開発しました。」 |
速攻いれたった。英語電話もらくちん?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR