TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > 数千kmも海を泳...

数千kmも海を泳いで命の恩人のもとへ毎年通い詰めるマゼランペンギンが話題に - GIGAZINE

114コメント 登録日時:2019-01-11 06:05 | GIGAZINEキャッシュ

亡くなった飼い主の帰りを渋谷駅の前で10年も待ち続けた忠犬ハチ公のエピソードに見られるように、言葉でコミュニケーションの取れない人間と動物の間にも深い愛情と信頼の絆が芽生えることがあります。ブラジルの浜辺で瀕死(ひんし)だったところを救助されて以来、命の恩人の家まで毎年自力でやってきては一緒に暮らすマゼランペンギンをCBCが取り上げています。...

Twitterのコメント(114)

パタゴニアからリオデジャネイロまでは少なくとも3000km
6月に3000km泳いでパタゴニアからブラジルへ、そして2月にはパタゴニアへ帰るペンギン /
なんていい話なんだ
東スバル総指令長のペンペンもこうやって保護されたのかもしれぬ(どこでだ!)w


ぐうかわ。頭良いなあ...(´~`)
Pereira Souza氏は船に乗ってDindimを海まで送り、自分のすみかへ戻るよう促しました。

しかし、Pereira de Souza氏が自宅に戻ると、なんとそこにはPereira Souza氏の帰りを待つDindimの姿がありました。
トニー俺だ感動した!
これは読んでおけ四の五の言わず読んでおけ!
ペンギンと恩人のおじさんの穏やかな時間が長く長く続いて欲しい…
こりゃ凄い。 >
賢いなあ🐧
えええあああペンギン
鳥って生涯連れ添ったりする種も多いですけど、感情豊かな気がします。>
老いてきたらその体力もなくなって途中で力尽きることになりそうだけど、それも運命か→
こう言うニュース読むと心癒される👴🐧
かわええ / “ - GIGAZINE” (9 users)
- 🐧ペンギンかわいいぃぃ
ほっこり(´*・ω・)
船より先に帰ってきたところ笑ったわw
人間が思う以上に
動物達には深いこころがあり、人間には無い素晴らしい能力があります。
人間がなんでも1番ではありません。
船に乗ってDindimを海まで送り、自分のすみかへ戻るよう促しました。

しかし、Pereira Souza氏が自宅に戻ると、なんとそこにはPereira de Souza氏の帰りを待つDindimの姿がありました」
かわいいやん
3000キロも泳いで会いに来るとか…ペンギン好きにはたまらんやん( ノ゚∀゚)ノ
誰かによって生かされている感謝だけは常に忘れるなよと。

一匹のペンギンに教えられるの巻。
んぎぃ…愛が溢れている…🐧🧔
マゼランペンギンほんとかわいい。
これからも毎年無事にじいさんのもとに帰って欲しい。
マリリンにあいたいより凄い。
>>
これはただ餌をくれるからでは説明がつかない
ファンタジー映画みたいな話や
ペンカス可愛いなぁ
寒い日の温かニュース♥️
何このペンギンくそ可愛いやん
ペンギンさん。・゚・(´^`*)・゚・。
>Souza氏が自宅に戻ると、なんとそこにはSouza氏の帰りを待つDindimの姿がありました。

待ってるペンギン想像したら可愛い。
すてきなこと。。
え、こんなことある…?泣くわ…
可愛すぎませんかね
こんなペンさんに懐かれたい
@renaipengin この記事やで!
アアアアーッ
Discover(Google)から
やべー,涙腺うるうる。
もう一緒に暮らしたほうが良いよなぁ(´・ω・`)
てぃけぺんだって明日海に帰って行くけど2〜3ヶ月後また日本に戻ってくるし!
涙不可避
マゼ〜〜〜( ; ; )
嘘みたいな本当の話。素敵だなー!
イイ話‥(ノД`)
たぶんウチのネコより賢い(;^ω^)
こんなペンギンの友達ほしい
おぉぉぉぉぉぉぉ( TДT)マジかよ。

>>
関係ないけど、ペンギンさんは人間をでっかいペンギンだと思ってるってホント?
人間と一緒で、個体差があるんだと思うけど、異類との友情が熱い!
かわええ…
拙者こういうエピソード泣いちゃう系侍でござる
尊い・・・
一発当てて猫飼いたい//
「船に乗って海まで送りすみかへ戻るよう促しました。しかし氏が自宅に戻ると、なんとそこには氏の帰りを待つDindimの姿がありました」

ディズニーアニメ化決定( ゚∀゚)ノシ
イイ話だなぁ
ペンギンも毎年実家帰るんだねえ🐧
知人のお爺さんが何十年にも渡り白鳥の世話をした方でした。中にはお爺さんに近寄る個体もあったようで、鳥と人の絆が生まれていたのでしようね^ ^
こうゆうニュースはほっこりする。ペンギン可愛い。
うちのポル沢カメナレフとえらい違いやっ!!
6月~翌2月って結構滞在期間長いのね(笑)
和みました
良い話しすぎて泣いた
"成鳥は5~8月の繁殖期以外は基本的に海を移動していて"

"DindimはPereira Souza氏に会うためだけに数千kmも海を泳いでやってきている"

"Dindimは毎年6月にやってきて"

愛だなぁ…
なにかとペンギンは話題になりやすいなあ。
(ฅ'ω'ฅ)
ちょっと!これヤバくないですか!愛情って通じ合うんだなぁぁぁぁ…Dindim可愛いんだろうなぁぁぁぁぁぁぁ。。→
◆泳ぐ渡り鳥!!
こういう映画見たい
正直うらやましい
ウチの犬よりも利口だ(⊙ロ⊙)
恩を忘れないペンギン🐧さん胸熱…
この混沌とした世界に突如現れた癒やし。

GIGAZINE: 数千kmも海を泳いで命の恩人のもとへ毎年通い詰めるマゼランペンギンが話題に.
逆グレープくんみたいな
リアル「けっきょく南極大冒険」(ノД`)
マ、マゼ~~~~~~;;;
(TT)感動♪
途中サメに襲われないか、心配だが。
どうやって方向を特定しているのか気になる>
意外とパタゴニアまで戻ってんじゃなくて付近を回遊してるだけじゃないのか
これはかわいいだろうなあ。
ハートウォーミングストーリー。
昔ペンギン飼いたかったわ。
こんな話にもいつか必ず別れが訪れることを考えるともう切ない / (ライブドアニュース)
すごいなぁ。ずーっとこの関係が続いて欲しいな。
とっても興味深いし心温まる…!モグモグ( ‘༥’ ∋ )))3
動物ってすごいなぁ
恩義を忘れないペンギン。元彼ボロクソの日本の女さん。
ペンギンに恩人っていう時点で頭の中ハテナマークだらけだったんだけど、読んだらめっちゃ可愛くあったかいお話だった。
生き物同士としての素晴らしい交流。
可愛い過ぎて切ないw
「種を超えた友情、愛は美しく、人を感動させる」
かわいい😊
母を訪ねて3000里ではなく、恩人を訪ねて3000km。
主演🐧
種族を超えた友情・愛情の話しだとしたら素敵だよね😊。同じ人でも恩を知らない奴なんて掃いて捨てるほどいるのにさ・・・🤔

-
以上

記事本文: 数千kmも海を泳いで命の恩人のもとへ毎年通い詰めるマゼランペンギンが話題に - GIGAZINE

関連記事