TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > アメーバの一種「...

アメーバの一種「モジホコリ」を使って数学の難問「巡回セールスマン問題」を解くことができると判明 - GIGAZINE

24コメント 登録日時:2018-12-25 13:45 | GIGAZINEキャッシュ

アメーバはべん毛や繊毛を持たず、細胞質を突出させた仮足を用いて移動する原生生物の総称です。日本の研究チームがモジホコリというアメーバの一種を使い、数学の難問として知られる「巡回セールスマン問題」を解くことに成功したと発表しています。...

Twitterのコメント(24)

この記事は、モジホコリに多項式時間の計算ができることが分かった、なので、難問を解くことができるは言い過ぎでは。それに難問ではなくて、解くのに時間がかかる、ね。 / “アメーバの一種「モジホコリ」を使って数学の難問「巡回セールスマ…”
これ解いてないよね?
人間が光を使って誘導してる時点で意味ないし、仮に自然に最適解を辿ったとしても、そのプロセスを理解できない限り解いてることにならない。
これで得られるのは数学的な最短ルートではなく、ほどほどに使える短めのルートで、そういうのならコンピュータでも短い時間で計算できるような。 / “アメーバの一種「モジホコリ」を使って数学の難問「巡回セールスマン問題」を解くことがで…”
なるほど、単純に地図上に配置するんじゃなくて、一つのスリットが一つのルートを表す構造なのか。/しかし、「最適解のルートが2520個」とか、なんか色々不安な記事だな…。 / “アメーバの一種「モジホコリ」を使って数学の難問「巡回セ…”
生き物に難問を解かせる
巡回セールスマンが解決するかもしれないって夢のある話だ
アメーバコンピューター…
良い響き
光を当てて進行を遅くすることで、拠点間の距離差にしてるのか。にしても "将来的には大規模なアメーバコンピューターを製造することで、何百もの都市" へ対応したい、って壮大だな…… / “アメーバの一種「モジホコリ」を使って数学の難…”
ん?って思ったらやっぱり、青野先生だった。
非ノイマン型コンピュータ
「近似値を導き出すことができます」すごく重要な一言。/
粘菌がサラリーマン巡回問題解いたの、かなり前にニュースになってたはずだけど、どこが違うの?
オッ(´・_・`) / “ - GIGAZINE”
最適解じゃなくても解くって言っていいのか
すげぇ
けどブラックボックス過ぎない?
はぇ〜すっごい
これがバイオコンピュータの元となるか?
もし本当に「都市数が増えても指数関数的に増大」しないんだったら、動きをシミュレートして計算機の中で走らせたらいいのではないんだろうか?
失敗する気がする

>
※この黄色の生物、量子計算機(焼きなまし法)なみに強い

GIGAZINE: アメーバの一種「モジホコリ」を使って数学の難問「巡回セールスマン問題」を解くことができると判明.
技術的には価値あるかもだけど、学術的にはなさそう。
解くというか、近似よね。どうして計算量が指数関数にならないのだろう?有効な近似アルゴリズムがあることを示唆している?
以上

記事本文: アメーバの一種「モジホコリ」を使って数学の難問「巡回セールスマン問題」を解くことができると判明 - GIGAZINE

関連記事