TOP > ネタ・話題 > 「火」は固体なのか液体なのか気体なのか? - GIGAZINE

「火」は固体なのか液体なのか気体なのか? - GIGAZINE

25コメント 登録日時:2018-12-14 20:27 | GIGAZINEキャッシュ

化学的に、物質は固体・液体・気体の3つに分類されますが、ゆらゆらと揺れる火をこの3つのいずれかに分類せよと言われると、答えに悩んでしまうはず。火とは一体何なのか?ということが、TED-Edによってアニメーションでわかりやすく解説されています。...

ツイッターのコメント(25)

そもそも物体だと思うという発想が理解できない。
ほう…なるほどねぇ…
ひとまず光って見えるところは煤だけど
モハメド・アヴドゥル「地獄を!きさまに!HELL(ヘル) 2U(トゥーユー)!」
なるほど、これは勉強になった /
一瞬フロギストンの話をしているのかと思った
メルヘンでも何でもない事は分かっているが
「化学反応の感覚的な経験」って
ユラギもへったくれも無く
理路整然と語られて
でも
何かすごい納得
重力がある故
安心して、揺らいでいられる...
即答できなかったあたり自分の科学的素養がなかなか堕ちたことを自覚した

()
火って何?
物体ではなく気体でもない
ナルボドね
考えたこともなかったなー / (GIGAZINE)
普通に気体だろ、何言ってんだ? 火は化学反応中のガスであり、その分子の状態は気体。気体以外の何物でも無い。ど素人は黙ってろ / “ - GIGAZINE”
炭素(煤)の黒体放射や炎色反応の光が「炎」として知覚されるのである、という話。炎がプラズマであるかどうかについては肯定・否定双方の意見があるようだ。(電離しているのは確からしい) / “ …”
理系はわかる?

理系じゃなくても気になる人はどうぞ。

/
こういう専門的で面白い話を
聞ける機会・場を来年は
作って行きたいなぁ。
 興味あります?
ヒミズの名前の由来ここにあり。

水は「物質」であり、火は「非物質」

この「感覚的経験」は「重力」によって地球上での象(カタチ)が決まる。

「縦は火ぞ」
「横は水ぞ」

22歳の11月に日月神示に書かれていたこの言葉がキッカケで創始しました。
「火は「燃焼」と呼ばれる化学反応の感覚的な経験」
要は「一時的な状態、または現象」というべきなんだろうね。
すごいなぁ。
頭良くなった気分。
寒いよね、火を見てると気持ちよくなるよね。ところで「火」って何?中学校で習ってるけど、改めて丁寧に分かりやすく解説。俺はてっきり、頑張れば最初に覚えられる魔法のひとつかと以下略
火は物質じゃなくて化学反応で起きている現象じゃないの?と思ったらその通りだったw
(ฅ'ω'ฅ)
小学校だったか中学校だったか、理科系の教師に同じ質問をした事があった。|
気体じゃないのか
以上

記事本文: 「火」は固体なのか液体なのか気体なのか? - GIGAZINE

いま話題の記事