TOP > ネタ・話題 > ビットコインでの税金の支払いを認めるアメリカの州が登場 - GIGAZINE

ビットコインでの税金の支払いを認めるアメリカの州が登場 - GIGAZINE

11コメント 2018-11-26 10:18  GIGAZINE

Bitcoin(ビットコイン)をはじめとする仮想通貨が暴落するさなか、アメリカのオハイオ州がビットコインでの税金支払いを認めることになりました。

ツイッターのコメント(11)

・・・将来的には通貨の種類を増やす計画もあるとのこと・・・
今の1日内だけでも乱高下が激しいと、難しそうだな。(´・ω・`)
個人ではなく法人の納税手段の一つとしてビットコインを認めるとのこと。

イメージだけど法人でビットコインとか仮想通貨持ってる企業少なそうだけど。。

話題づくりなのかな?
XRPで支払いできる様になってくれー!
#XRP
#bitcoin
いつの時価が適用されるんだ?
ビットコインで納税、ややこしいよね、利益分で払ったら税金かかってくる?
納税経路を「法定通貨-銀行-州政府」に加えて「仮想通貨-取引所-州政府」を作ったってことね( ^ω^ )
日本では税金が払えたとしても、利確するからさらに税金かかるし、現段階では羨ましいと感じない。
アホかw

> 取引所を通じてドルへと換金できるビジネス上の仕組みを利用することで税金の支払いを受けており、州が仮想通貨を直接受け取るわけではないところがポイントです。
“タバコ税や燃料税、源泉徴収税など23種類の税金だとのこと。オハイオ州で納税義務がある企業はビットコインでの納税が可能で、本社がオハイオ州に置かれている必要はありません” / (GIGAZINE)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR