TOP > ネタ・話題 > 大量の「猫のミイラ」が古代エジプトのピラミッド付近の霊廟で見つかる - GIGAZINE

大量の「猫のミイラ」が古代エジプトのピラミッド付近の霊廟で見つかる - GIGAZINE

12コメント 登録日時:2018-11-13 12:33 | GIGAZINEキャッシュ

by Bolanu88エジプト第5王朝の創設者・ウセルカフのために建設されたピラミッドの近くにある複合霊廟(れいびょう)で、何十匹もの猫のミイラと、約100体の木製の猫像が発見されました。古代エジプトの人々は猫派だったとして話題となっています。...

ツイッターのコメント(12)

つまりオジマンやニトちゃんは猫派
猫様は殉死したのか、亡くなった飼い猫とずっと一緒にいたいから保存したのかどっちなんだろ?(ちなみに記事中にコブラの写真注意)

> -
おーーーー!素晴らしい!
|ネl+コで神。猫は特別視されてたんすね(他、蛇は何となくわかる気もするが、コガネムシは・・・う~ん・・・)
ほおぉ〜。装飾がカワイイなぁ。柩のスカラベとか…、ていうかワニ…!
ここが観光化されたら絶対行きたい:
ネコ派もなにも、古代エジプトにとってネコは神そのもの(バステト神)だったんだから当然だろう。
>古代エジプトの人々は猫派だったとして話題となっています

って、古代エジプトで猫が特に大事にされていたのは有名な話では。盾に猫を描かれて攻撃できなかったという話もあるし。
そのカバーフォトは違うと思うゾ … //_o\
古代エジプトでは猫は神聖な生き物と考えられていたので、エジプトの遺跡から猫のミイラが出るのは今に始まったことではなく、しかも、大量に出てくるものだから燃料として処分されていたとも。
猫、大事にされてたんただねぇ
以上

記事本文: 大量の「猫のミイラ」が古代エジプトのピラミッド付近の霊廟で見つかる - GIGAZINE

いま話題の記事