TOP > ネタ・話題 > ノーベル賞の功績を上司に奪われた科学者、時をへて賞金3億円の科学賞を受賞するも「賞金は寄付」 - GIGAZINE

ノーベル賞の功績を上司に奪われた科学者、時をへて賞金3億円の科学賞を受賞するも「賞金は寄付」 - GIGAZINE

81コメント 2018-09-07 12:41 | GIGAZINEキャッシュ

X線を発生する天体「パルサー」を大学院生の時に発見するも、その業績が認められ1974年度ノーベル物理学賞を受賞したのは上司だったというジョスリン・ベル・バーネル氏が、数十年の時をへて賞金約3億円の...

ツイッターのコメント(81)

ベルの人名欄を見てるけど1974年7月初版だから、ジョスリン・ベル・バーネル博士はまだ無かった。この年にパルサー発見のノーベル物理賞。

ベル博士は30年後のブレイクスルー賞の賞金を科学に関心を持つ女性や少数民族の奨学金の創設を希望している。
下川町検索結果
カッコイイ。
ジョスリン・ベル・バーネル氏
年をとったらこういう顔になりたい。
本筋とは関係ない話として「自分の達成を内面的に肯定できず自分を詐欺師のように感じてしまう「インポスター症候群」」というのがあるんだなと
不当に扱われた心優しき女性科学者🌹ジョスリン・ベル 氏ケンブリッジ大学大学院生時代ヒューイッシュ氏のもとで
パルサーを発見!5人の研究者の共著で論文が提出!
1974年にノーベル賞受賞したのは上司ヒューイッシュ氏😱

今回数十年の時をへて科学賞受賞賞金を寄付
約50年ぶりに女性がノーベル物理学賞を受賞したんだ(女性のノーベル物理学賞と聞くと、1974年のジョスリン・ベル・バーネルは功績が認められず、漏れてしまった話を思い出す
今は1部門に複数の受賞者が出てるけど、昔は一人だったから誰を選ぶかで問題になることも多かったのかも。たしかエサキダイオードも現象を見つけた実験者は別だったような。 / “ノーベル賞の功績を上司に奪われた科学者、時をへて賞金3億円…”
ジョスリン・ベル・バーネル博士がパルサーを発見した話は、『科学大図鑑』の科学者人名録p339でも紹介しています。>  @sanseido_dict
ノーベル賞すら功績は上司に奪われうる。況や他の業績おや。
「でもノーベル賞を受賞できなかったことで、他の賞がもらえて、みんながほとんど毎年パーティーを開いてくれました。そっちの方がずっと楽しかったです」と語りました。」 かっこいいな
これ去年の生物基礎で見て可哀想と思ってたけど良かったね
Impostor syndrome—......私には知らないことだらけ❗️
素晴らしい!
時をへて得た賞金3億円を寄付: Googleの創設者であるセルゲイ・ブリン氏やマーク・ザッカーバーグ氏らが優れた科学の功績に対して「ブレイクスルー賞」を創設。バーベル氏が2018年の基礎物理学ブレイクスルー賞を受賞することが決定。
"BBCの取材に対し、バーネル氏は「自分自身のためのお金は必要ありません」と語っており、物理学界に存在する「見えないバイアス」に反対するために賞金を使いたいと述べました。具体的には、科学に関心を持つ女性や少数民族のための奨学金を創設したいと考えているそうです"
功績を横取りするような人間(例えば上司)とは全然格が違うな❗️見習いたい。
電波望遠鏡でのパルサーの発見のベルさん。エピソード知ってただけに、嬉しいニュース!(*´∀`*)

女性研究者やマイノリティ研究への支援に寄付だって!
ここにでてくるフレッド・ホイル氏って、「秘密国家ICE」とか「10月1日では遅すぎる」を書いた人だよな>
前向きで素晴らしい言葉。
"ノーベル賞を受賞したら1週間はすばらしい時間が過ごせますが、その後は誰からも何ももらえません。でもノー...
フレッド・ホイル氏の名前を40年ふりかで読んだ。
>ノーベル賞を受賞できなかったことで、他の賞がもらえて、みんながほとんど毎年パーティーを開いてくれました。
ハルキストみたいやな。
これはまったくしらない話だった\めがねっ娘優勝/>>
素晴らしい人だ!
X線を発生する天体「パルサー」を大学院生の時に発見したジョスリン・ベル・バーネル氏
インフラが必須の巨大科学は予算獲得に関わった代表者が受賞する。これもそれでは
でもノーベル賞を受賞できなかったことで、他の賞がもらえて、みんながほとんど毎年パーティーを開いてくれました。そっちの方がずっと楽しかったです」と語りました。
バーネル博士だ
彼女のサイン持ってるぞ!
権威に見合って調査は厳正公正だと思ってたけど、ローカルの力関係を鵜呑みにしちゃう程度だったら失望。悪い上司に当たった不幸◆
上司本人というより、時代的に女性に賞を与えるのが当然ではない風潮で、代わりにその指導教官に与えたという流れみたい。でも彼女のポジティブシンキングが尊い。
フォワードの『竜の卵』の冒頭部分を思い出す。多分このエピソードが元ネタなんだろうな。
ジョスリン・ベル・バーネル天体物理学者。大学院生時代の研究の業績が認められノーベル賞を受賞したものの、受賞者は彼女の上司だけだった。そして今年、彼女は賞金約3億円の科学賞を受賞。彼女はこれを女性、人種的マイノリティ、難民の学生のために全額寄付する。 ✨✊🏼
●権威、権力は腐敗するちゅうことやわね~!長く留まるとは水も濁ってくるわい。
世界は良くなって行くと信じたい。(*'▽'*)
綺麗な人ですね。この人は...なんだろう...内面が出てるって言うんでしょうか

この人の望みは、自分が凄い!よりも、どういうことができたか!の方が大事なんだろうな
評価よりも、結果があってこその実感
レベルは指数のオーダーで違いますが、僕もわかります
認められない有能な女性のために!
パルサーの発見者、ジョスリン・ベル・パーネルは、『コンタクト』の主人公エリーのモデル。いいはなし。
「ノーベル賞を受賞できなかったことで、他の賞がもらえて、みんながほとんど毎年パーティーを開いてくれました。そっちの方がずっと楽しかったです」
なかなか言える事じゃないね。
「X線を発生する天体「パルサー」を大学院生の時に発見するも、その業績が認められ1974年度ノーベル物理学賞を受賞したのは上司だったというジョスリン・ベル・バーネル氏」パルサーの発見者! / “ノーベル賞の功績を上司に奪われた科学…”
この話、ここだけ見ればドクター・ヒューイッシュが非道の悪役に見えるけれど、おそらく氏の学術的貢献を勘定に入れなければならない。
【X線を発生する天体「パルサー」を大学院生の時に発見するも…物理学賞を受賞したのは上司…ジョスリン・ベル・バーネル氏…約3億円の科学賞…賞金を女性や少数民族といったマイノリティの学生のために】
性格のいい研究者だ。
意外なところにSF作家の名前が、と思ってしまうSF脳(笑)。『40年後では遅すぎる』的な。
インポスター現象の話が出てきた
なんか、こう、自分とは違う世界の住人過ぎて
もっと見る (残り約31件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR