TOP > ネタ・話題 > 宇宙の最大の謎「ダークマター」を地下1800メートルで追い求める科学者 - GIGAZINE

宇宙の最大の謎「ダークマター」を地下1800メートルで追い求める科学者 - GIGAZINE

12コメント 2018-09-04 08:05  GIGAZINE

この宇宙には「目には見えないけども質量を持つ」という謎だらけの物質・ダークマター(暗黒物質)が存在していると考えられています。目には見えず、さまざまな機器を使ってもまだ観測が不可能であるダークマタ

ツイッターのコメント(12)

「「グラン・サッソ国立研究所」。ローマから東に約100km離れた山中にある原子物理学研究施設で、厚さ1800メートルの巨大な岩盤の地下に作られています。」 |
観測していないから存在できないというのが正しいのでは。このアプローチでは難しい気がするが。
ダークマターの検出を目指して研究を20年以上にわたって続けている科学者の様子がNetflixのドキュメンタリーシリーズ「 未知の科学」で描かれています。
「この宇宙に、まだ私たちが知らない物質が存在しているというのは、じつに驚くべきことです」

本当に
この翻訳が正しいと仮定して

随分な思い上がりだなぁ・・・
人間の学者って皆こんな思考?
大学の時、初めて話したことないのに一目惚れした女性が居たんだけど、初デートの時に猫カフェで「私ダークマターに興味があって…」って2時間ほどダークマター雑談したことを思い出した。
のんちゃん、元気ですか…?宇宙の謎は解けましたか?
“この施設の上にある山そのものを宇宙線のフィルターとして使用するというもので、この施設の中は「Cosmic Silence(宇宙的に静寂)」な環境が作られている” / “宇宙の最大の謎「ダークマター」を地下1800メートルで追い…”
素晴ら>「存在しない、ということがわかるかも(中略)でも、それが悲劇だとは思いません。それが科学の世界で物事が進む道のりです』//
かっこいい施設
ネタ帳・資料φ(..)>>>
@shibatajun
大好きなダークマターですよ(・∀・)
素人目にはダークマターもエーテルも似たようなもんに感じるのだが…
科学解明が停滞すると、キーワードだけ独り歩きし始め偽科学や新興宗教に使われる。その先鞭として小説には面白おかしく書かれるだろうね。/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR