TOP > ネタ・話題 > 「宇宙の終わり」について現代の物理学から予想される4つの可能性とは? - GIGAZINE

「宇宙の終わり」について現代の物理学から予想される4つの可能性とは? - GIGAZINE

27コメント 2018-08-22 08:03  GIGAZINE

by Kees Scherer宇宙はおよそ140億年前に無から生まれ、超高温の火の玉の状態から今に至るまで膨張し続けていますが、永遠の存在ではなく、いずれ終わりがくるといわれています。現代の物理

ツイッターのコメント(27)

いまだにビッグバンで発生した電磁放射が反響減衰もせず宇宙を飛び回っているんだから宇宙の壁が特殊なものである事は容易に想像できるが…
その壁がどうなっていくかは謎だな。
@0u0WXn2VU2zJutr 詳しくないですが、ビッグリップと熱的死はちょっと違うらしいです:
人間には平等に終わりがあるように、宇宙にも終わりがあるとしたら、まさに森羅万象すべてにおいて永遠はないということね。
ビッグリップに1ベネズエラ・ボリバル:
ビッグクランチは起こりそうにないんだっけ。いまだに空間が広がるという概念がよくわからない
個人的にビッククランチはありえないと思う。収縮するためにどれだけのエネルギーが必要かを考えれば自明。こんな理論を言う物理学は頭、わいてる。
プッチ神父「未来を一巡して『新しい宇宙』が始まったッ!運命も同じように繰り返されるッ!人の出会いとは「重力」であり出会うべくして出会うものだからだッ!そして人類は未来の全てを体験してこの世界へ到達した!」
面白いサイトだった、
» - いつまで膨張するんやろねぇ。
なんだろう今朝はすごくカラダがダルい。頭が重いような、、台風の気圧の変化の影響?
コーヒー飲んでもスッキリしない。

難しいの読んで気分転換してから仕事行こう。
まだまだ宇宙の将来はわからない。しかしいずれも今の状態が続くものではなく雲散霧消する。
宇宙の曲率も正確には不明だったような気がするけど、ダークエネルギーの密度、真空が真か偽か、も不明なのか。恐ろしい恐ろしい / “ - GIGAZINE”
真空崩壊が一番ロマンがある
2018年現在、宇宙の終わりについては4つの可能性が示唆
なんの事やらさっぱりだけど凄そう。
そもそも宇宙が「何故」始まったかが分かれば、終わり方もわかりますよ。

「何故」始まったと思いますか?
物理学では説明はできないと思うけど、興味深い。
何が正しかったかわかる頃には人類はいないかもしれないなー。 |
もうさっぱり。こういうのを研究してる人たちって常人じゃないよな。
いずれ人類は別宇宙に移住するのだろうか🤔
現在得られている観測事実に基けば1の終焉を迎える。
残りの仮説は、奇想天外な仮定を前提にしていて現実味がない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR