TOP > ネタ・話題 > 日本語の「積ん読」が海外メディアのBBCに紹介される - GIGAZINE

日本語の「積ん読」が海外メディアのBBCに紹介される - GIGAZINE

44コメント 2018-07-30 14:25 | GIGAZINEキャッシュ

by Sharon McCutcheon買っても読まないまま机や本棚にたまっていく本や新聞、雑誌などのことを「積ん読」と呼びます。本は腐ることがないのでついつい新しいものや興味のあるものを見つけ...

ツイッターのコメント(44)

「1879年に出版された森銑三の著書に、『積ん読先生』というフレーズが登場している。たくさんの本を持っているが、すべてを読めてはいないという教師を風刺的に表現している可能性が高い」|
面白
「bibliomania」が書籍をコレクションすることが目的となっているのに対し、「積ん読」は本を読む意志がある中で、偶発的にコレクションがたまっていくことを示しているため、2つの用語には微妙な差異が
積ん読多いんだろうなあ。
@nat_yoi あ!そのときの記事見つけました!BBCが紹介したらしくて(笑)
俺も最近積んでるなあ……DVDの類いはもっと積んでる
//
そこはTSUNSTEAMじゃないのか>「STEAMDOKU」
積みゲーが TSUNSTEAM じゃなくて STEAMDOKU なのおもしろい
TSUNDOKUが輸出された結果、Steamの積みゲーを表すSTEAMDOKUという単語ができてしまった(´・_・`)… /
1879年にはあったとは…
「Tsundoku: The art of buying books and never reading them」 アートだったのか! |
モズのはやにえ、す。
本棚の肥やし(笑)
いいね!Kindleの場合は「ポチ読」かな(笑)英語ならclick readingだね。quick readingと発音が近いからウケそうだ。
100年以上前からある言葉だとは知らなかった。
ここしばらく、字本の消化は早いのに、漫画が積ん読になっていくという謎現象に陥っている。
ゲームの場合は「積みゲー」ですよ。
【特にBBCは「プレイしようと思って購入したものの未プレイのままたまっているゲーム」をピックアップし、「Steamで開催された値引きセールにより『Steam積ん読』が加速しているゲーマーは多いのでは」と指摘しています。】
積みゲーは由緒ある文化
中途半端だなー、ちゃんと「積みゲー」ってワードを紹介しろってば:
「日本語の『積ん読』が海外メディアのBBCに紹介される」。比較的最近になってできた言葉かと思っていたのだが、1879年にはすでに用例があるのか。
おはようございます。谷島屋です。
日本語の「積ん読」が海外メディアのBBCに紹介される、というこの記事がおもしろい。これを読むと、私は「bibliomania(ビブリオマニア)」ではなく、確実に偶発的な「TSUNDOU(積ん読)」派です。
積ん読の歴史が意外と古い事に驚く。1879年…
積みゲーもあるでよ
>BBCは「プレイしようと思って購入したものの未プレイのままたまっているゲーム」をピックアップし、「Steamで開催された値引きセールにより『Steam積ん読』が加速しているゲーマーは多いのでは」と指摘
「bibliomania」が書籍をコレクションすることが目的となっているのに対し、「積ん読」は本を読む意志がある中で、偶発的にコレクションがたまっていくことを示している
1879年以前からある言葉とは、、
ちなみに私の実家には「積ん読」ならぬ父親の「積んプラモ」がなかばアンティークと化して押入れに積んであった。
「積ん読」という用語が1879年には既に使われていたというのにびっくりだよ!
また変な日本語が定着してしまう
積ん読がそのまま紹介されているとは……(@_@;)
STEAMDOKU(Steam積ん読)よりもTSUMISTEAM(積みSteam)のほうが正しい気がする。あとTSUMIGAME(積みゲー)とか。
“海外には「積ん読」と似た言葉である「bibliomania(ビブリオマニア)」があります” いや、違うだろう。ビブリオマニアだと集める属性+読む属性だろうけど積読は集める属性だけだろ / “日本語の「積ん読」が海外メディアのB…”
steam積ん読は世界共通なのね
いつか「積みプラ」も同じような事が起きるのかもしれないね…
【 - GIGAZINE】
「「bibliomania」が書籍をコレクションすることが目的となっているのに対し、「積ん読」は本を読む意志がある中で、偶発的にコレクションがたまっていくことを示しているため、2つの用語には微妙な差異がある」
“見ようと思って録画しておいた映画やテレビ番組がレコーダーの中にたまっているだとか、購入したものの1度も着ていない衣服がたくさんあるなど” /
積みゲーもお願いします😁
ビブリオマニアと積ん読は違うだろ
書痴もビブリオマニアとはなんか違うような気がするけど
”1879年に印刷された書物には既に「積ん読」という文字が印刷されており、それ以前から使用されていた用語である可能性が高い"
ってそんな前からあるんかいw
>「Steamで開催された値引きセールにより『Steam積ん読』が加速しているゲーマーは多いのでは」と指摘しています。
ここら辺は海外も同じか
「積ん読」と「bibliomania」あなたは、どっち?

日本独自の「積ん読」。
「積ん読」と「bibliomania(ビブリオマニア)」には同じような意味がありますが、重要な違いがある。
「積ん読」は本を読む意志がある中で、偶発的にコレクションがたまっていくことを示している。
あるあるたよなぁ
>『Steam積ん読』
ゲームの場合、「積みゲー」って呼ばなかったっけ?
物理メディアから電書に移行して積読はかなり解消されたものの、積みゲーはその数が増すばかりで収束傾向の兆しさえもない。 / (4 users)
未出品在庫が山積みの場合は積ん売とか
以上
 

いま話題のニュース

PR