TOP > ネタ・話題 > アメリカ人さえもあまり知らない「奇妙なアメリカの地理雑学」とは? - GIGAZINE

アメリカ人さえもあまり知らない「奇妙なアメリカの地理雑学」とは? - GIGAZINE

11コメント 2018-06-30 14:13 | GIGAZINEキャッシュ

広大な国土を持つアメリカには、アメリカ人でさえあまり知らない「奇妙で知られざる地理的雑学」が豊富にあるそうです。そんなアメリカの地理について解説したムービーが、YouTubeで公開されています。...

ツイッターのコメント(11)

アメリカとロシアの間の間がわずか3.2キロで氷結すると歩いて渡れるのは知らなかった!
へぇ〜、面白い雑学がいっぱい
どっちかの夜は昼間
アメリカとロシアってそんなに近い国だったとは知らんかったわ
そりゃ仲悪いわ
確かに。テキサスの事情は気付かなかったなあ。
ポイント・ロバーツは、よく行った。白頭鷲が生息するバンクーバーのアメリカの飛び地だ。
これは面白い。メルカトルの穴だな。
「アメリカとロシアを歩いて行き来できるとは驚きですが、残念ながら2つの島を歩いて行き来するのは違法になってしまうそうです」←こういう雑学好き。
すっごくどうでもいい疑問なんだけど、日付変更線の真上にいる場合、どっちの日付になるんだろう?
(ฅ'ω'ฅ)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR