TOP > ネタ・話題 > ビル・ゲイツが語る「世界を理解するために覚えておくべき3つのグラフ」とは? - GIGAZINE

ビル・ゲイツが語る「世界を理解するために覚えておくべき3つのグラフ」とは? - GIGAZINE

23コメント 登録日時:2018-06-29 08:30 | GIGAZINEキャッシュ

Microsoftの創業者として知られるビル・ゲイツ氏は、ウェブブラウジング中にOur World in Dataというさまざまな統計を表示するウェブサイトを見つけ、世界の生活状況がどのように変化...

ツイッターのコメント(23)

“『児童の死者数が減少していること』『人口増加が続かないこと』『極度の貧困に苦しんでいる人の数が減少していること』の3つ” / “ - GIGAZINE”
世界が良い方向に向かっているのか、ポジティブなデータしか持ってきてないのかはわからない。
格差の広がりやテクノロジーの進歩は人類全体にどういう影響を及ぼしているのだろう…。
嫌なこともたくさんあるけれど、世界は着実によい方向に進んでいる。
未来に希望を抱かせる3つの数字。
人類総数の安定期が近いのか。そうなるとどうなるんだろ。
事実を土台にした議論をするためにも、数字ではどうなっているか、どう変化しているのかを把握するようにしたいもの。
ゲイツは世界を人工衛星辺りから見てるね
良き方向に進んでるのかなと思うが、育った環境や能力の格差を埋めるのが急務だなと思ってる
豊かになることの意味、ってやつですね。
最近日本の問題を意識してきたけど、世界目線で見た時に人間として少しづつ前進してるの理解できた…グローバルに見ることも大切かなと…
結婚したら子どもが欲しい
って思うけど、別に結婚しなくても人生最高に楽しめるなーとも思うから少子化に貢献できるか分かりませんわ。
ビル・ゲイツが語る「世界を理解するために覚えておくべき3つのグラフ」とは(GIGAZINE) ビル・ゲイツのくせに「ムーアの法則」(集積回路上のトランジスタ数の推移)のグラフを掲げないとは不見識きわまりないな
"Our World in Dataというさまざまな統計を表示するウェブサイト"←このサイト面白い
人が減るからこそ、誰でもできる仕事はいらんしやりたくない
特に人口増加の減少は平均寿命や教育水準向上に効きそうな -
この人なんで急にこんなこと言い出したのかよく解らないのだけど、天に召される前にこれまでの悪行に対しての悔い改めってやつなのかな。/
むりやり関連付けるのもアレだけど、経済的な活動に時間を使うようになり、出生数が減り、児童の死者数が減るという流れかなと思ってしまうのだけど、相関関係はないのかなぁ。 / “ビル・ゲイツが語る「世界を理解するために覚えておくべき3…”
「『児童の死者数が減少していること』『人口増加が続かないこと』『極度の貧困に苦しんでいる人の数が減少していること』の3つを頭に入れて、今後も同じ方向で続けていきましょう」
児童の死亡率、出生率、貧困の削減。出生率の低下は地球単位の人口爆発に対してはいい傾向。世界は良くなっていると。
こんな統計あったんだ。
覚えておきましょう。
こんな単純なデータ・内容だけど、やっぱデータでみると違うと痛感する記事だなぁ。
世界は良くなったという事? -
以上

記事本文: ビル・ゲイツが語る「世界を理解するために覚えておくべき3つのグラフ」とは? - GIGAZINE

いま話題の記事