TOP > ネタ・話題 > 美少女おっぱいゲー「オメガラビリンスZ」がPlayStationの意向で北米およびヨーロッパでの販売を断念 - GIGAZINE

美少女おっぱいゲー「オメガラビリンスZ」がPlayStationの意向で北米およびヨーロッパでの販売を断念 - GIGAZINE

16コメント 2018-06-26 20:44 | GIGAZINEキャッシュ

2017年7月6日に日本で発売されたPlayStation 4およびPlayStation Vita向けのローグライクRPG「オメガラビリンスZ」は、美少女のおっぱいをテーマにしたゲームとして話題...

ツイッターのコメント(16)

美少女おっぱいゲー「オメガラビリンスZ」が
PlayStationの意向で北米およびヨーロッパでの販売を断念 -
「ゲームは明らかにプレイヤーと女性キャラクターの間の性的交流を通じて児童を性の対象としてみるよう促すものである。」

もういっそのこと、女性キャラは全員リアルな50-80代ってゲームにしたらええんちゃうか。
そういやエロゲやギャルゲって学園舞台のもの何で多いんだろな?
2017年7月6日に日本で発売されたRPG「オメガラビリンスZ」は、美少女のおっぱいをテーマにしたゲームとして話題を呼んだ作品だが、イギリスでの発売禁止措置につづき、新たにヨーロッパおよび北米での発売も停止となる。
欧米追従大好き某国でも…時間の問題だな…
/
主題歌は超いい感じww
馬鹿馬鹿しいなぁ(´д`;)
こんな事で健全化が図れると思っているんだからさぁ
こういう時のためのSteamじゃない?
残念おっぱい… /
殺人描写やグロはOKなのにエロNGの風潮ほんときらい
( ゜∀゜)o彡゜おっぱい!おっぱい!
あぁあ、、、
おっぱいが、ダメだったか

ん?なんか、僕変な事言うてます?
窮屈な世界だ / “ - GIGAZINE”
うーん、これはざんとう!wwまぁおとなしくSteamで出せばいいんじゃ
以上
 

いま話題のニュース

PR