TOP > ネタ・話題 > YouTubeの著作権保護フィルターが公式のムービーを「著作権を侵害している」とブロックしてしまう - GIGAZINE

YouTubeの著作権保護フィルターが公式のムービーを「著作権を侵害している」とブロックしてしまう - GIGAZINE

14コメント 2018-06-19 14:13  GIGAZINE

by Eugenio Ramírez GómezYouTubeは著作権所有者を保護するために「コンテンツID」という仕組みを使い、YouTube上のコンテンツを管理しています。コンテンツIDとは

ツイッターのコメント(14)

公式でも著作権に引っかかることもあるようです
björkの公式チャンネルにあるvenus as a boyのMVが突然見れなくなった理由がわかった...。コンテンツ管理者が一手間かければ解決するらしいけど、コンテンツID、ちょっと厄介だな
なるほど。『半世界』のトレーラーが再生できない件はYouTubeのフィルターの可能性が高そうだね。これは公式で対応する以外対処がなさそうだ。
このコンテンツIDとやら、かなり出来が悪いですね。自分も経験あるんで分かります。
ラのオタクが思い出すのはスクスタ特報ムービーが引っ掛かったなwこの自動判別ブラックボックス化してたりして
正規品なのに再生できない「やりすぎCDコピープロテクト」を思い出すな『 』
アホだねー。
YouTubeテーマソングの動画もこれが原因なんかなぁ…🤔
YouTube 正当な権利を持つ動画を「著作権違反」としてブロック
誤爆 / “ - GIGAZINE”
アホかな
以前もこういうのあったけどまたやったんだ・・EUで仕組みを義務化するとか言ってるけど、大丈夫なんでしょうか・・
全米でトップシェアのSIMフリースマホ「BLU」がついに日本上陸、7980円の格安スマホの実力とは? …
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR