TOP > ネタ・話題 > 最大144年まで古い録音の著作権保護期間を延長する法案がアメリカ連邦議会で議論中 - GIGAZINE

最大144年まで古い録音の著作権保護期間を延長する法案がアメリカ連邦議会で議論中 - GIGAZINE

17コメント 登録日時:2018-05-21 13:27 | GIGAZINEキャッシュ

アメリカの連邦議会で、1972年以前に作成されたレコード音楽への保護を目的とした新法案「CLASSICS Act」が検討されています。仮にこの法案が承認された場合、1923年から1972年の録音は...

Twitterのコメント(17)

アメリカも著作権関連で異常なことやっとるな /
12の二乗! / アメリカは権利の国なので、まぁ分からんでもないけども、その結果がベルヌ条約で世界中に波及して困る。
えげつないことをする。もうアメリカは著作権て考え方から変えたら? / “ - GIGAZINE”
良記事。1923年の音楽録音なんて何があるんだ、なんてツッコミがありそうだが、むしろ著作権者がわからない「孤立した作品」にも言及しているのが肝。報酬が少なくても良い作品の影響がなくても創造性は死んじゃうからね。
なんぞこれ「仮にこの法案が承認された場合、1923年から1972年の録音は2067年まで保護期間が延長されることとなるため、一部からは法案への反対の声も挙がっています」 / “最大144年まで古い録音の著作権保護期間を延長する法…”
アメリカの著作権法はウォルトディズニー関連の著作権が消滅しないように、あれやこれや理屈を付けては延長されるいわゆる「ミッキーマウス法」ですね。 / “最大144年まで古い録音の著作権保護期間を延長する法案がアメリカ連邦議会で議論…”
ところでアメリカ合衆国の建国は今年で何周年なの。
5月21日
マジかいな⁉
法律によって保護するのは良い所もあるけど「作者不明」の作品が一般に聞かれない状態だと余計に孤立するのではないかと思う。
よくわかる著作権保護期間延長による弊害
著作権144年も有るとミッキーマウスなんて目じゃない・・・・・
流石に勘弁しろ
またディズニー法かぁ…。
またディズニーの画策だったりして。→
また誰かが権利を買い漁って美味い汁を吸おうとしてる、ってこと。
以上

記事本文: 最大144年まで古い録音の著作権保護期間を延長する法案がアメリカ連邦議会で議論中 - GIGAZINE

関連記事