TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > 記憶を利用するこ...

記憶を利用することで偽薬でも本当の薬以上の効果が期待できると科学者が指摘 - GIGAZINE

10コメント 登録日時:2018-04-05 07:54 | GIGAZINEキャッシュ

ウソの薬などを使用して、体内に本当の薬と同じような効果をもたらすプラシーボ(偽薬)効果は非常に強力で、実際に手術を行う以上に有益な副作用をもたらすこともありますが、治療方式が確立されていないため、...

Twitterのコメント(10)

薬のプラセーボ効果は70%以上とも言われています。治ると思っただけで治る人が70%いるのです。
偽薬に本当の薬並みの効果がある (と脳が勘違いする) なら、本当の薬並みに副作用も起こってしまいそうなんだけどな。 /
変わった味の飲み物と一緒に薬を飲むと、偽薬+飲み物でも効果を発揮する…。パブロフの犬みたいなことが脳に起きるのか。 /
デュースブルク・エッセン大学のジュリア・キルヒホフ氏らの研究。
すごい。でもどういうメカニズムでプラシーボが起こるか分からないと、治療には使えないよねぇ-
意識他界ラーメンが健康によいなどと無根拠で言ってる人たちもプラシーボだとボクは思ってる。思い込みは時にパウワーになる。
人間の脳って曖昧だから自分を洗脳できれば最強じゃね?
よくこれ実験申請通ったな・・・・・・ /
「脳に薬を服用したことを強烈に印象づけたあとに偽薬を飲んで同じ刺激を与えると、薬と同等の効果が期待できると報告」

媚薬でもいけるのかな( ˙-˙ )?
これっていい効果だけ適応じゃなくて、当然、副作用も偽薬で再現できるよね?(マットサイエンティスト感
以上

記事本文: 記憶を利用することで偽薬でも本当の薬以上の効果が期待できると科学者が指摘 - GIGAZINE

関連記事