30年以上前のPC「Amiga 1000」で今なお創作活動を続ける81歳のアーティストとは? - GIGAZINE

26コメント 2018-03-08 21:40 GIGAZINE

コモドールから1985年に発売された「Amiga 1000」は低価格ながら強力なグラフィック機能が特徴的で、アンディ・ウォーホルや平沢進など、多くのアーティストに愛されてきました。そのAmiga1

ツイッターのコメント(26)

たまたま見つけてすごく興味引かれた記事。アミーガってPC知らなかったなぁ。僕も30年ぐらい今のMac miniで頑張りたい
Amiga1000はその昔、番組で大変お世話になりました/
Amiga 懐かしい。
ウゴウゴルーガで有名になった気がする。
まさにコンピューターおばあちゃん‼️カッコ良すぎる‼️
VAPORWAVEみがヤバい。これ使えばめちゃくちゃDOPEな絵が描けそうだね………
「プログラムは街のようなものです。」かっけ…
81歳のPGアーティスト。これ見て、65歳でPG終わりとかおかしくね?
"もし今新しいAmigaが出たとしたら、インターフェースが分かりやすくて、マウスの精度も高く、画面も黄色っぽくならず、それで故障もしないのであれば使います"
素晴らしい。そして「AmigaWorld」めちゃ懐かしい→
この人の反応が気になる
 
PR
PR