TOP > ネタ・話題 > なぜ30%しか効果がなくてもインフルエンザワクチンは打つべきなのか? - GIGAZINE

なぜ30%しか効果がなくてもインフルエンザワクチンは打つべきなのか? - GIGAZINE

26コメント 2018-01-24 21:15  GIGAZINE

by Fort George G. Meade Public Affairs Office日本では毎年冬季に流行するインフルエンザですが、「有効率が30%程度しかないワクチンをなぜ打たなければい

ツイッターのコメント(26)

”「集団免疫の力」を高めれば、(略)高齢者や幼児、慢性的に病気に苦しんでいる人など、免疫系の弱い人々が生死を分かつような重大な病にかかる可能性も減り”
@tomo3tips 集団免疫のためですかね。詳しくはこのあたりで。
ワクチンが実際に流行しているインフルエンザに対して有効かどうかを正確に予測することは難しい
インフルエンザが流行する何か月も前に、ワクチンを作り出す必要
ほー確かにそうやなぁ
「集団免疫力」 /
@tadataru これ集団予防接種の意義をよく説明されている。
喉に効果なく罹患防止には全く無意味!血中のワクチンは重症化を減らすなら若者が予防接種する、意味あるのか?単なる薬剤利権か?⁉️
説得力なかった…
なぜ30%しか効果がなくてもインフルエンザワクチンは打つべきなのか?|クニミツの政見て、意味ない派だったんだけど、あれも調べたら結構嘘くさいみたいなので、どうなんでしょう。
こう聞くと、「インフルエンザの予防接種を打つ/打たない」は
「選挙へ行く/行かない」と同じような感じがする。
リスクとコストの兼ね合いなのだけど、個人負担のワクチンなので社会ではなく個人の受ける利益によって支出するかどうかが判断されるような。 /
"ワクチンが実際に流行しているインフルエンザに対して有効かどうかを正確に予測することは難しいわけですが、専門家たちはインフルエンザが流行する何か月も前に、ワクチンを作り出す必要があります。"
それ以前にワクチン自体が人体に安全なのかの議論がない。偏向垂れ流しにしか僕には見えません。
便益性と税金の正当な使い方への問いが鍵。 /
ほんと、これ。みんなに伝わって欲しい。ワクチンの副反応恐い説とか効かないから射っても意味ない説振りかざして打たない人未だに多い上に、そういう人に限って周りにも「打っちゃダメ」とか言ってて本当に困ってます。
理由は分かったけど、であるなら、接種を個人任せにしない方がいいのではないの?
集団免疫力をあげよー!! 30%防げるなら十分装備に値する(笑)←ゲーム脳か(笑)
ワクワクチンチンワクチンチン♪
めっちゃおもろい記事。
インフルエンザの予防接種は30%しか効果ないけど、社会全体で30%減れば感染源も減るからそれ以上の効果が得られるんだって。
30%しか効果ないって注射打たんでも気合いで予防してるのと大差なくね
会社の先輩に「効かないから射たないし子供にも射たせてない」ってパパさんがいるんだけど、そういうことじゃないんだけど……ってもやもやしてたのを分かりやすく図解してるよ
今年は供給量が全然足らなくて、打てませんでしたね。
30%…パワプロ、パワサカのSRをPRで上限解放しようとする時の成功率と一緒か…
国や会社が補助金出すっていうならやるけど出さんし、何より1週間休めれるとか日本だとどれだけ素晴らしいことか
保険適用にすべきだな。かかってからの治療費より予防に金を使え😈
なるほどね。個人ではなく集団を守るとな。。。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR